2018年2月26日 (月)

Nan Gurth 放射状に塔がある

8つの塔があります。軸のところからは行けなくて、外側から回り込む必要があるのですが、それがわかるまで何回も死にました……
しかも軸のところは強い敵がいるという……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wargのたくさんいるところ

manは、Wargをたくさん倒すdeedをクリアすると、ブリーへ帰還するskillが使えるようになります。
elfでやっていたときは割と早めに裂け谷へ帰還するskillを覚えた(というか、気が付いたら使えるようになっていた)ので気にならなかったのですが、manはなかなか覚えてくれなくて。探したらWargをたくさん倒すというのが分かったので、せっせとWarg倒しに励んでいました。

North Downs のHaudh Eglan が、Wargの巣になっていて、効率が良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

goblin town

時々どうしてもの時はお手伝いをお願いしていますが、基本ソロなので、fellowshipのクエストは大変です。
ようやくGOBLIN TOWNがコンプリート出来ました。
あっち行って迷い、こっち行って迷い、たどり着けず……レベル54でなんとか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

LOTRO キャラクター


どんなキャラクターにしよう?
ドキドキ・わくわくです。
種族は?性別は?クラスは?
いくつか創れるとは言うものの、初めに創ったキャラクターには愛着もわこうというもの。
悩みましたが、
「ラダガストのウサギのクエスト」があるそうだ→
ぜひそれをやりたい→
そのためにはロアマスターにならねばならぬ→
クラスはロアマスターで決定→
ロアマスターならエルフでしょう→
エルフなら女性でしょう→
と、とんとんと決まりました。

あとで友人からなぜにロアマス?あなたには向いていなさそう。違うクラスを選ぶと思った、と言われました。
確かにロアマスは弱い。戦い方も私の性格には向いていないかもしれない。
でもいいの。召喚獣がかわいいから。しばらく熊を(頼りになるぜ熊!)その後遠距離攻撃ができるboggardian(いいんだけどでかくて周りが見えなくなってちょっと不便)最近はずっと山猫。一緒に泳ぐ姿や、前足で頭をかくしぐさがかわいい。強いし。

名前はganowen
最近使っているハンドルがganomossなので、女性形にして
エルフの女性ならーーーwenかなぁ?と。


50までレベルが上がったので、次のキャラクターも創ってみました。
今度は、Boromir兄さんに教えを乞うクエストがあるというのでキャプテンにしました。
そしたら人間の男性でしょう。
名前はganomir 一択

ちなみにエルフ、人間、と来たので、ホビットとドワーフも創りたいなあ、と思ってます。
ドワーフは男性しかいない?ということで男性、ganorin
じゃあホビットは女性で…花の名前で???
後で考えよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

LOTRはじめました

ずっと以前から、勧められていたのですが、LOTR(ロード オブ ザ オンライン)はじめました。
去年の9月からです。遅れてきた新人なので、大変です^^;日本人で今始める人がほとんどいないので、
今の新人のためのデータが、日本語のが落ちていない。
ま、不親切なゲームにあれこれふりまわされるのも面白いのですが。
種族はエルフの女性、クラスはロアマスターです。
ラダガストのウサギのクエストをしたいのでロアマスターにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

読書「満願」

満願

著者名:米澤穂信

出版社:新潮社


さて、xxxになって、病院にかかれなかったら、どうしようね?満足な治療法がなかった時代でも致死率は100パーセントではなかったはずだけど…?
あったかくして、スポーツ飲料ガンガン飲んで…乗り切れるかな?
でも看護してくれる人もなく一人で病に耐えているのなら、死んじゃうかもしれないね。自分の糞にまみれて。自分の所業の報いとして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「炭水化物が人類を滅ぼす~糖質制限からみた生命の科学~」

炭水化物が人類を滅ぼす~糖質制限からみた生命の科学~

著者名:夏井睦

出版社:光文社


糖質制限は痩せるらしい。でもそれと糖尿病が良くなるのとは必ずしもイコールではないのだが、一緒にされて丸め込まれてしまうような、なんだか今ひとつ全部が信用できないような気が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ネアンデルタール人は私たちと交配した」

ネアンデルタール人は私たちと交配した

著者名:スヴァンテ・ペーボ/野中香方子

出版社:文藝春秋

過去のDNAを現代によみがえらせる…というとジュラシックパークの世界ですが、その研究の第一人者の書いた本。面白かった!
ネアンデルタール人の遺伝子のいくばくかは私の身体に存在している!それが科学的に証明された!とな!
論文を書くためには運もモチベーションもマネージメント能力も必要。そして正確な論文を書くためには、地道な努力が必要です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「だれもが知ってる小さな国」

だれもが知ってる小さな国

著者名:有川浩/村上勉

出版社:講談社


あの、だれも知らない小さな国の、続編?スピンオフ?
良かった〜
コロボックルの世界観は、たしかにこうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

展覧会「華麗なる江戸の女性画家たち」 

http://www.jissen.ac.jp/kosetsu/exhibits/2015_4_1.html
見てきました。
昔桜の本で見た、織田瑟々の「須磨桜真図」実物が見られて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

「ジヌよさらば-かむろば村へ」プレミアム上映会

ジヌよさらば-かむろば村へ-/舞台挨拶付プレミアム上映@福島

行ってきました♪

抽選でチケットが取れて、ホントにラッキーでした。
当初のお目当ては松田龍平だったのですが、松尾監督のトークも面白かったです。
わらしべ長者キャンペーン、というので、各劇場スタッフと、物々交換をおこなっていくのですが、前回のいわきではフラガールのフィギュア。これがかわいらしい。で、福島フォーラムでは赤べこで、たしかに赤べこもかわいいけど、男性としてはやはりフラガールの方が望ましいのか、交換を渋るかのようか素振りもみられました。
さて映画。これが面白い。観客席から笑い声が上がる映画って久しぶり。小ネタも大ネタも、笑いもしんみりも。主人公タケ(松田龍平)の醸し出す《君を見てるとおせっかい焼きたくなっちゃうよ、なんとかしてやりたくなっちゃうよ感》が、松田龍平本人のホンワカした感じと絶妙にマッチ。頭を下げるのが日本一似合う男と言ってあげよう。
松たか子も可愛いし、他キャストの皆も最高。
原作は読んでなかったので、読んでみよう。
本公開されたらまた観に行こうかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

渋谷のメジロ

渋谷のメジロ
さくらのつぼみのところに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「クルマでわかる物理学」


オーム社
古川修

「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」が、物理の苦手な私にもすんなりきたので、余勢を買って「クルマでわかる物理学」借りました!
すまん、3ページ目で、数式が何を表わしているのか分からなくて断念。いちおう最後までめくっては見ましたが……
でも、同時期に読んだ化石学の本に、恐竜の足跡学がクルマの内輪差や外輪差と関連している話が出てきて、なんでも関連してるんだ、とちょっと不思議に面白かった。(強がり)
これはやっぱり、ニュートン物理学をかじる前に、微分積分をもっとちゃんとやらないとだめなんだわね~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「化石から生命の謎を解く 恐竜から分子まで」


発行年月:2011.4
出版社:朝日新聞出版
サイズ:19cm/302,8p
利用対象:一般
ISBN:978-4-02-259977-3


化石から生命の謎を解く 恐竜から分子まで (朝日選書)

化石研究会 (編)
商品説明

太古に絶滅した生物と現在生きている生物とをつなぐさまざまな化石に刻まれた「進化の証拠」や「謎を解く手がかり」。骨や貝殻、化石中のアミノ酸、シーラカンスや肺魚など…

図書館で借りました。
バイオミネラリゼーションとか、海を泳ぎ渡った(かもしれない)ナウマンゾウの話とか。足跡化石の話とか。紫外線とクル病と恐竜絶滅の話とかすんごくおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「絵でわかる感染症 withもやしもん」(KS絵でわかるシリーズ)

読書「絵でわかる感染症 withもやしもん」(KS絵でわかるシリーズ)

出版社:講談社
レーベル:KS絵でわかるシリーズ
サイズ:21cm/227p
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-154775-9
岩田 健太郎 (著), 石川 雅之 (絵)

商品説明

感染症とは何か? 抗菌薬ってなんだろう? 院内感染にはどのようなものがある? 感染症界のエースがわかりやすく解説する感染症学の入門書。菌漫画「もやしもん」のイラストも満載...

先日東京の石川雅之展行ったときに手にとりました。
小ネタがまた楽しい。
そう、なんで微生物の名前ってころころ(私感です)変わるんだろ!とか。
石川さんのイラストもナイス。
ただ、一か所、イラストの中の単語に誤植じゃないかな~と思ったところがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«読書「ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち」