« 読書「人間なんて知らないよ」 | トップページ | 日曜日のお仕事 »

2005年10月19日 (水)

柳宗悦の民藝と巨匠たち展

リンク: 柳宗悦の民藝と巨匠たち展.柳宗悦
美術展行ってきました。民芸……いろいろ出品されていておもしろかったです。白樺派のはなしや、ロダンの彫刻のはなしも。富本憲吉の器好きだわ。来週は茶話会があるとのこと、着物の方歓迎!だそうです。そうか、着物を着ていく場所として、結婚式、パーティー、観劇のほかに、美術館というのも選択肢にあったですね。でも柳宗悦はともかく、次回岡本太郎なんで、浮きまくるかも……。
常設展で、見たことのない日本画が展示されていましたが、それはきれいでした。花鳥画で、あー、そのものずばり、花木と鳥。巻物で、一場面に一つの花木と一羽の鳥。開かれていたのはオオルリ、レンジャク、ヒワ、木は……あれ?名前が出てこない。鳥は鳥らしくまたかわいらしく、木は素直に、枝振り葉付きものびやかに、花もあでやかに。
荻生天泉(1882-1946)『花卉鳥類写生図巻』第一巻 1921(大正10)年 紙・着色

|

« 読書「人間なんて知らないよ」 | トップページ | 日曜日のお仕事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/6470982

この記事へのトラックバック一覧です: 柳宗悦の民藝と巨匠たち展:

« 読書「人間なんて知らないよ」 | トップページ | 日曜日のお仕事 »