« 読書「のだめ」CDブック | トップページ | リバウンドの恐怖 »

2005年10月20日 (木)

読書「でたまか」

「でたまか」
いいところもあるんだけど、なんだかな~なところもあって。マイドが先人君子ぶっ……………………… 続きは別窓で開く

でたまか 群青黎明篇 アウトニア王国人類戦記録 4
でたまか 群青黎明篇

でたまか 天壌無窮篇 アウトニア王国拾遺録 2
でたまか 天壌無窮篇

鷹見 一幸〔著〕
(角川文庫 角川スニーカー文庫)
題名:デタマカ 作者:タカミカズユキ ジャンル:SF メディア:文庫 

|

« 読書「のだめ」CDブック | トップページ | リバウンドの恐怖 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

このタイトルと「アウトニア」という文言に昔からある引力を感じていたんですが。これは、いまは亡きみのり書房のエンタテイメントマガジン「月刊アウト」とは無関係な本ですか? 高校3年間分のバックナンバーがまだ実家にある身としては、ライターさんとかが関係しているなら見てみたい。

投稿: まいね | 2005年10月25日 (火) 11時40分

関係はあります。
あとがきによれば、
今はなき月刊OUTの雑誌の読者達に向けて有志が主催しているweb page「月刊OUT復活委員会_(仮)」で連載されていたものだったとのこと。そういう委員会があったんですねえ。私も読まなくなっていつの間にか遠ざかったのでしたが、ある意味青春の日々を彩った雑誌でした……
1. 「でたまか」

2. でたまか 漆黒無明篇 (角川文庫 角川スニーカー文庫)
3. 「でたまか」
4. 「でたまか」2-5アウトニア王国再興録5 青天霹靂篇
5.
「でたまか」外伝
6.
「でたまか アウトニア王国再興録1 英雄待望編」

「でたまか」3

「でたまか」アウトニア王国奮戦記 問答無用篇


「でたまか」アウトニア王国奮戦記 問答無用篇 鷹見一幸 
角川スニーカー文庫 でたとこまかせ、略してでたまか…… これはぜったいにいい。 裏表紙によれば、
カネなしコネなし色気なしの帝国のビンボー貴族。それがぼく、マイド・ガーナッシュ。 士官学校を卒業し薔薇色の未来にいざ出陣♪…のは


9. 「でたまか」2
 

 

投稿: とむ影 | 2005年10月26日 (水) 16時27分

うにゃ。了解。見てきます。わたしは受験生のくせにセミ常連をやってましたよ。

投稿: まいね | 2005年10月27日 (木) 12時04分

>セミ常連
おお、それはすごい!OUTの投稿欄のレベルの高さは群を抜いていましたよ!私も実家に古いOUTがあるのですが、怖いことに子供たちが読みあさって、昔のギャグを蒸し返したりしています。文化の継承……?

投稿: とむ影 | 2005年11月 5日 (土) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/6486912

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「でたまか」:

« 読書「のだめ」CDブック | トップページ | リバウンドの恐怖 »