« 家族会議 | トップページ | 読書「メガネ男子」 »

2005年10月14日 (金)

読書「銀河のさすらいびと」

「銀河のさすらいびと」     

いや~おもしろかった!前世再生機好きで、この間久しぶりに読み返しました。で、この本は出た当時は読まなくって、今回新装版がでたのを機に買ってみたんですが、買って大正解。ビルドゥングスロマン。猫と傷心の若者はよく似合う。囚われの姫君が恋に落ちる瞬間っていつだろう?………………………続きは別窓で開く


銀河のさすらいびと (ハヤカワ文庫 SF)キース・ローマー著 伊藤 典夫訳
税込価格 : \756 (本体 : \720)
出版 : 早川書房
サイズ : 文庫 / 303p
ISBN : 4-15-011527-3
発行年月 : 2005.8
銀河のさすらいびと

題名:ギンガノサスライビト 作者:ローマー、キース ジャンル:SF メディア:文庫 


|

« 家族会議 | トップページ | 読書「メガネ男子」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/6396488

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「銀河のさすらいびと」:

« 家族会議 | トップページ | 読書「メガネ男子」 »