« 読書「やっちまったよ一戸建て!! 2」 | トップページ | 読書「魔物を狩る少年」 »

2005年11月28日 (月)

白菜漬けのシーズン

白菜の値段もこなれてきたので、漬物を作ろうと、4つ割にして数日天日に干しておきました。干しあがった断面を見て、昔祖父母の家で干されていた白菜を思い出しました。田舎の農家なので、母屋の台所の他に、井戸のある差し掛け小屋があって、そのそばで干していたのです。隣との境に杉の木がずっと植えてあって、その茶色くなった葉が白菜の上にも落ちていました。梅の木もあって、その枯れ葉も。あのころはスギ花粉症なんて存在すら知りませんでした。
料理は母から、本から、教わりましたが、母方の祖母から教わったことも多かったです。祖母は私が白菜漬けのシーズンにしみじみすることがあると思っていたかしら?

|

« 読書「やっちまったよ一戸建て!! 2」 | トップページ | 読書「魔物を狩る少年」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/7360096

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜漬けのシーズン:

« 読書「やっちまったよ一戸建て!! 2」 | トップページ | 読書「魔物を狩る少年」 »