« だばだばな一週間 | トップページ | 展覧会「パール」展  »

2005年11月 9日 (水)

展覧会「北斎展」

リンク: 東京国立博物館 イベント.
平成館 2005年10月25日(火)~12月4日(日)
西洋の芸術家たちにも大きな影響を与えた浮世絵師葛飾北斎(1760-1849)。その70年にも及ぶ作画期間、常に新しい表現に挑戦し続け独自の芸術世界を確立した画狂人北斎の全貌を、肉筆画・版画・版本の各分野から精選した最高質の作品約500点を通じて明らかにします。日本国内はもとより、大英博物館、ベルギー王立美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館ほか多数の欧米の美術館から出品予定。
とてもよかったですが、とても混んでいて、とっても、量が多かったです……富岳三十六景はあまりに混んでて、並ぶ元気が出ず、人の山の後ろからかいま見ただけであきらめました。前に、富岳三十六景、全部を並べて展示する、という企画があったとき(多分何年か前に、同じく国立博物館で)ゆっくり見ているので、まあいいかな、と。
さすが画狂人、すごい量です。後半の展示室に置かれているソファは、疲れて座り込んでいる人でいっぱい。
最後の方はざっと流している人が多いのか、あの西瓜の絵はゆっくり見ることができました。満足。ちょっと、どういうふうに扱うのか興味があったのですが、春画はありませんでした(^_^;)
黄表紙本で、水滸伝の、御廟が壊されて星が飛び出していくシーンが、まるきり漫画(コミック)の表現なの。そんでもね、一色刷ではなくて、二色刷で、よくみると効果線の中に薄墨で群像が描かれているの。
会場も広く、よく歩きました。なんと、万歩計で、しっかり歩数にカウントされるほど!

|

« だばだばな一週間 | トップページ | 展覧会「パール」展  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/6997870

この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会「北斎展」:

« だばだばな一週間 | トップページ | 展覧会「パール」展  »