« 映画「ブラザーズ・グリム」 | トップページ | 読書「国語教科書の思想」 »

2006年1月 5日 (木)

とりぱんじゃないけれど

当地は東北ですが雪国じゃありません。でも今年はよく雪が降ります。
もらった干し柿、干しが甘いのでベランダにつるしておきました。雪のない頃は見向きもしなかった鳥たちが、雪が降って地面が見えないような日には、よく来てつついています。こんなに近くでスズメやヒヨドリを見たのは初めてかもしれない……。
そういえば去年、あの有名な、「カラスが道具を使う」というのをこの目で見ました。
空から地面に、木の実をおとして、割って食べる、というあれです。はじめはカラスがうっかり落としたのだと思ったのでしたが、2回、3回と落とすのを見て、ああこれは確かに意図を持って落としているのだとわかった次第。

|

« 映画「ブラザーズ・グリム」 | トップページ | 読書「国語教科書の思想」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/8015431

この記事へのトラックバック一覧です: とりぱんじゃないけれど:

« 映画「ブラザーズ・グリム」 | トップページ | 読書「国語教科書の思想」 »