« おでん | トップページ | お誕生日にはAmazon? »

2006年2月28日 (火)

もう一度、ピアノ

「もう一度」のピアノって、いいものです。20年近く弾いてなくって、また始めたピアノ。もしかしたら、20年ぐらい、というのがよかったのかも。2,3年のブランクだと、前はもうちょっと弾けたのに、という、自分の頭の中にあるイメージと、実際の腕とのギャップが大きくて、いやんなっちゃったかも知れません。20年もたってれば、どのぐらい上手に弾けていたか忘れてますし、弾けなくて当然、ぐらいに思えますから。

そのせいもあるのでしょう、昔のほうが上手だったはずなのに、弾いてて、今の方が、きれいな曲に聞こえますし、曲を弾いている、という感じがするのです。

そうなると、なんだかよけいに、弾いてて楽しくなります。昔だっていやいや弾いていたわけではありませんが、昔よりも楽しくてうれしいですね。

ただこれも、ちょっとは弾き込まないと、「ブランクの後に楽しんで弾く」こともできないのね。

だから、
「娘がピアノを習うようになって、ほぼ毎日弾いている。家にピアノがある」プラス「のだめがマイブームである」
だけでは、ここまでピアノを楽しんで弾けるようにはならなかったと思うの。

それにプラスするところの、
「娘のピアノの先生から、娘さんと発表会で連弾しましょう♪と言われて練習を始めた」

これね。発表会があるので、母の威厳を見せるために??必死こいて練習したら昔取った杵柄で弾けた♪弾けてきたら、昔半分嫌々で練習してたときと違って、ピアノの音が音楽に聞こえる♪楽しい♪。実際に何日か、続けて弾いた、というのが一番のポイントで、少しずつ指も動くようになってくる、弾けるようになるから見えてくる、というものだったんでしょう。先生には感謝です。

娘はどうも中学以降はピアノはやらなさそうです。今回の発表会の曲(一人で弾く方の曲)がかなり弾きにくい曲で、練習しているうちに嫌になって、ピアノなんてあたしもうやりたくない!言い出してしまったので。なんとか説得し、だましだまし練習させ、ようやく弾けるようになってきた(冷や汗ものでした。発表会は3月なのに、1月の時点で弾けるようになってないのだもの)今はやだ~と言わなくなりましたが。

趣味でそこそこ楽しめる、というのはある程度のレベルが必要なので、そこまでは習い事としていってないと、しばらく過ぎてから再開したときに楽しめない。というのは、今の私の状態からわかったことです。そう思うと、どうせならもうちょっと弾けるところまでいってからやめた方がいいと思うのだけど、まあそれは今娘に言ってもわからないことなのでしょう。連弾したという思い出だけでも残ればよしとします……

|

« おでん | トップページ | お誕生日にはAmazon? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか美しいお話ですね。感動してしまいました。音楽は喜びも哀しみも人間のきれいな部分だけ紡いでくれるのかな、なんて思いました。

投稿: 科学の星@アマサイ | 2006年2月28日 (火) 13時37分

アマサイさんってば、照れちゃうじゃないですか(。-_-。)ポッ

投稿: とむ影 | 2006年3月 1日 (水) 16時39分

こんにちは。連弾本番も間近ですね。母娘で連弾なんてやっぱり素敵ですよ。
大人になってからの方が指は動かなくなっていても、曲そのものを楽しみながらひけるというのは分かります。自分の弾きたい曲を好きなように弾く楽しみも大人になってからの「もう一度ピアノ」ならではでしょうか。
私もまた少しピアノ弾こうかな。

投稿: すなみ | 2006年3月 2日 (木) 01時15分

おかげで、私も!先生のレッスンがあるのです。ちゃんとならっている人の発表とは違うので大変なことは要求されませんが、緊張します。それと、うちにあるのは電子ピアノなので、いくらピアノタッチと謳っていても、やはり軽くて、実際にグランドピアノを弾いてみると、とても弾きにくいのにびっくりします。

投稿: とむ影 | 2006年3月 2日 (木) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/8874752

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度、ピアノ:

« おでん | トップページ | お誕生日にはAmazon? »