« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月29日 (水)

読書「エンド・ゲーム (常野物語)」

「エンド・ゲーム (常野物語)」
物語の終わり、終わりの物語、怖い。 結局、裏返されるとどうなるの? 父こそが「あれ」だったのかしら? ゲームの終わりはまた新しいゲームの始まり。同じゲームのくり返しではなく、別なゲームの始まり。最近でた常野物語というと「蒲公英草……………………… 別窓で開く

エンド・ゲーム (常野物語)
恩田 陸著
税込価格 : \1,575 (本体 : \1,500)
出版 : 集英社
サイズ : 四六判 / 324p
ISBN : 4-08-774791-3
発行年月 : 2006.1
エンド・ゲーム

題名:エンドゲーム 作者:オンダリク ジャンル:ミステリー メディア:単行本 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

読書「季刊うかたま」2006 vol.2

リンク: うかたま.net [季刊 うかたま].
あたらしい食のライフスタイル誌、うかたま。1号から買ってますが今回はお弁当特集なので気合いを入れて読みました。4月から息子のためのお弁当の日々が始まるのだわ。今もたまに職場に持って行く、‘とむ影のありもの弁当’(例:他のおかずなしの潔いノリ弁、しかも塩味。ご飯とお茶漬けの元。お弁当の、おかず入れとご飯入れと全部がおから入りのみ、等)ではちょっとだめかも。
お弁当ならこれもでしょう、と、今回の特集に、キャラクター弁当が出ています。そう、まいねさんのブログで紹介されていた、あの、キャラ弁です。 キャラ弁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

読書「アンナ・カレーニナ」

「アンナ・カレーニナ」
2月に読んだ本です。更新が滞ってるぅ!
ちびちびと読んで、1ヶ月近くかかって読み終わりました。 おもしろかった!!! 超有名な小説で映画化もされてますし、昔の外国の小説で、長いし、こんなにドラマティックでロマンティックな小説だとは………………………別窓で開く

アンナ・カレーニナ 改版 上下 (新潮文庫)
トルストイ〔著〕 木村 浩訳
税込価格 : \660 (本体 : \629)
出版 : 新潮社 サイズ : 文庫 / 484p
ISBN : 4-10-206001-4 発行年月 : 1998.6
アンナ・カレーニナ 上巻

題名:アンナカレーニナ 作者:トルストイ ジャンル:小説 メディア:文庫CD-ROM 


続きを読む "読書「アンナ・カレーニナ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

タンスの底から

年度末、お片付けをしていますと。タンスの底からでてくるものが……
着倒して処分するようになるのはともかく、
買ったのに、着ないうちにでっかくなって、着られなくなってしまった服とか出てきて、あ~もったいない。兄のは妹に回したりしてましたが(だからお兄ちゃんのお下がりは嫌、っていわれるんだな)妹は、親戚に年下の女の子いないんで、あげられないのよ。フェリシモで買った、冠婚葬祭用の上品なワンピーススーツ、ブラウスには袖も通していなかったのでてきたの……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

確定申告のバカ

職場で使ってたパソコンが調子悪くなりました。原因は確定申告……いろいろあって、確定申告のために、職場で使ってたパソコン(ウィンドウズ98)、ダウンロードのために、IEやアクロバットのバージョンをあげたりしたのが悪かったのだと思います。FileMakerが動かない!削除してもう一度インストールしてもダメ。defragやスキャンディスクもダメ。しょうがなくて98の再インストールしたら動くようになってくれました。
でもその次はプリンターが動かなくなって。ドライバを削除して再インストールして。でもだめで。プリンターと接続するUSBケーブルが認識されなくて。しょうがないからパラレルで接続するか……ところが、パラレルのケーブルがないのよ。最近使ってないものね。廃資材置き場に探しに行って。埃を拭いている間に、思いついてデバイスマネージャーをいじってみたら認識された!あう~。確定申告のバカ。

でもそんなことをしていて、パラレル接続に縁ができてしまったのでしょうか。
お茶の間電脳計画のその後の話です。21日に無線LANまで、と考えていましたが、とてもとても。部屋の片付けで一日暮れました。とりあえずPCをおく場所を作ることはできましたが、セッティングなんて夢のまた夢。プリンターは、使ってないレーザープリンターがあったのでそれを使うことに。USB未対応なので、パラレルポートで接続なんだなこれが。モノクロでもあるし、やすいプリンター買おうかどうしようか……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日は卒業式だから♪

13日の兄の卒業式は雪。最高気温1.6度。オーバーの人も散見される寒い卒業式でした。
学校に向かう途中、同じく卒業式に向かうと思われる夫婦づれ、男性のほうがスキップしていたのをみかけました。あ、そうか、卒業式って、すっきりさっぱり、はれやかなもんだったんだ~と、気持がほぐれまして。涙ぐんだらどうしよう、と、化粧直しの一式と、ティッシュやハンカチも多めに用意していたのですが、まったく使わないですみました。保育園・小学校・中学校といっしょだったおかあさんが、これでようやく一人(そこは3人兄弟なの)義務教育が終わったかと思うとやれやれすっきり、だわねえ、と言っているのが聞こえましたが、ある面真実ですね。
明日は妹の卒業式。今日はお天気ですが明日は雨か雪との予報。フッ(~ー~)卒業式なんてそんなもんさ……
卒業式にはスーツ、入学式には着物の予定です。せめて入学式はお天気でありますように!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

車が!

3/15帰宅途中、信号待ちの時に追突されてしまいました!幸い私も相手方もけがはなく、車も何とか自走できるぐらいでしたが……左うしろのバンパー、ライトを中心にぐっしゃりと。
警察呼んであれこれして。今日はもうばたばた。明日スバルに持って行かなきゃ。100%向こうが悪いのでお金はかからないけれど、あああああ。何日修理にかかるかなぁ……

続きを読む "車が!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

読書「蟲師」 7

アニメ、がんばってるらしいですが、見られる環境にないので残念だ…… 桜の話とか、魂の代わりにあんなものを、の話とか。

「蟲師 7 」 (アフタヌーンKC)
漆原 友紀著
税込価格 : \620 (本体 : \590)
出版 : 講談社 サイズ : B6判 / ISBN : 4-06-314404-6
発行年月 : 2006.2
虫師 7

題名:ムシシ7 作者:ウルシハラユキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

続きを読む "読書「蟲師」 7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のレジャーはスキーです♪家族でスキー♪(温泉もね♪)

娘はスキー関係はいつもお兄ちゃんのお下がりだった……が、靴はそうもいかない、いや、いかなくなってしまった。

今シーズンの初めのこと。私の心づもりとしては、ウェアはお兄ちゃん新調、大きめのを買って、数年着てもらおう。タウンウェアとして着てもいいし。妹はお兄ちゃんのお下がり。来年中学になったら新調予定。と、ここまでは心づもりどおり。

ギアは、去年まで妹が乗ってた板は、お兄ちゃんが就学前から乗ってた板なので、さすがに廃棄。靴も、サイズが大きくなったし、2代履いた靴なのでなので廃棄。去年までお兄ちゃんが履いていた靴と板を妹に下げ渡す。お兄ちゃんは受験生でそんなにスキー行かないだろうから今年はレンタルでしのいで来年新調するか……だったのですが。

去年のお兄ちゃんの靴を履かせてみよう、と思ったら、入らないの……いや、はいるんだけど、バックルが締まらない。サイズ的には、むしろ大きすぎるのに。よくよく考えてみると、靴のサイズが大きくなると、靴の高さも大きくなって、ふくらはぎの、一番脚の太いところまで、靴がかかっちゃうのね。だから、一番上のバックルが締まらないんだわ……なので、たま~に娘にもお下がりじゃないのを買ってやるのもいいでしょう、と、靴を新調することに。

ケスレーのレディスモデルの、幅広仕様というのがちょうどよくて、というか、それしか締まるのなかったんです~。もっと安いのにするつもりだったのに。体格的に半端な時期なのよねえ……ま、靴だけ新調して、板はいいや、と思ったら、なんと、ジュニア用のスキーは幅が違うというのを、うかつにも今回初めて知りました。板も新調せざるを得なくって。ま、その板だって、お兄ちゃんが小学校中学年から乗ってた板だったので、そろそろという頃合いではあったのですが(でももうちょっと乗って欲しかった(。_・☆\ ベキバキ)

で、お兄ちゃんがレンタルですんだかというと、受験早く決まったので、スキーけっこう行けるもんで、買った方が安く付くことがわかって、新調。
板のしたどりキャンペーンに乗っかれたのがせめてもの救いでした。親は10年前のウェアなのに……

さてせっかくの家族スキーなので、板は夫婦、兄弟でメーカー揃えてお揃いにしてみています。ウェアはお揃いにするとペアルックになっちゃって恥ずかしいから、目立たないところでお揃い。でも同じ目立たないところといっても、絶対にお揃いにできないのは靴なの。今回新調した子供たちの靴は、妹ケスレー、兄ビッグホーン。ちなみに私ヘッド、ダンナサロモン。……スキー靴、星の数ほどあるけれど、その人の足に合う靴は、ひとつしか、ないということなのね。

続きを読む "冬のレジャーはスキーです♪家族でスキー♪(温泉もね♪)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

読書「僕たちの好きな宮部みゆき」 (宝島社文庫)

やまももさんの所からのご縁で書かせていただきました宮部みゆき「理由」への思い。それが収載された「別冊宝島『僕たちの好きな宮部みゆき』  の文庫版。 ムックが文庫になります、というメールが来たときにびっくりしました。変更はどうしますかとも言われましたが、何………………………続きは別窓で開く

僕たちの好きな宮部みゆき (宝島社文庫)
別冊宝島編集部編 税込価格 : \650 (本体 : \619)
出版 : 宝島社 サイズ : 文庫 / 253p
ISBN : 4-7966-5156-X 発行年月 : 2006.3
僕たちの好きな宮部みゆき


題名:ボクタチノスキナミヤベミユキ 作者: ジャンル: メディア:文庫 

アマチュアサイエンティスト: 非営利広告@アマサイ.アマサイさんのブログで宣伝していただきました!ありがとうございます≦(._.)≧
最近忙しくて心がささくれていたこともあって、心遣いがとおおっても嬉しかったです。 2006/4/24

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月 8日 (水)

ファーストゲレンデ

その人が初めてスキーをした、スキーを覚えたスキー場、というのがその人のファーストゲレンデ、だそうです。
ダンナのファーストゲレンデが今季限りで閉鎖されるという話を聞いて、先日行ってきました。開設の古いスキー場は、設備もゲレンデ構成もいまいちで、アクセスも悪いので、最近はとんと御無沙汰でした。でも多分最後になるであろうその日は、天気がよく暖かく、眼下の見晴らしも最高で、いい思い出を残すことができました。ウサギやカモシカ(だと思う)の足跡がずいぶんありました。また彼らに返すことになるわけで、それはそれで悪くないこと……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶の間電脳計画

息子が高校生になったら、(なれたら)、PCを、という話は出ていました。ショップの中古PCコーナーをのぞいたり、DELの通販のカタログをながめたりしていました。でも、彼の部屋にPC設置しちゃうのもちょっとどうかな~、と、危惧はあったのです。そうしているところへ、娘の進検ゼミ、中学生になると、PCを使う教材も出てくるので、娘にも(勉強で使うために!)PCが必要だ……
で、お茶の間電脳計画発動、であります!
リビングに1台、みんなが使えるPCをおいちゃおう♪そのPCには、私の前の愛機、IBMのThinkpadをあてる。結局、毎日持ち歩くようになって、今のPanasonicのがメインマシンになっちゃったために、大きな画面での作業が必要な時以外は使わないようになっちゃったので。
おお、新しいPC買わずにすむじゃん。
別に子供たちの、と限らないので、自分もリビングで、広い机で、ちょこっと使えるじゃん。
親の目が届くところで、インターネットさせられるじゃん。
完璧!(自画自賛!)

ただ問題は、無線LANがまだうまく構築できていないこと……(/_;)
今現在、PanasonicもThinkpadも、AirH~は使える。これを通せば、ニフティのセキュリティも効く。でも、Panasonicは、無線LANは使えるようになったのだけれど、有線LANが使えなくなってしまった。Thinkpad は、有線LANは使えるけれど、無線LANが使えない。niftyのセキュリティも、うまくはたらかない。

これらさえ解決できれば……解決せねば……出張サービスを頼んだ方がいいのかしら……

続きを読む "お茶の間電脳計画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

「日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展」


に行ってきました。縄文から琳派、若冲、蕭白まで、の様々な美術品が展示されていました。世界有数の日本美術収集家として知られる、メアリー・バーク夫人が収集した日本美術コレクションとのことでしたが、多分夫人の好きな時代のコレクションは厚く、そうでもない時代のものはそれなりなんだろうなあ、と思いました。多分、縄文あたりはそれほど趣味ではないんだけれど、せっかくのコレクションだから、(日本美術全体として)コンプリートするために
集めたりしたんじゃないのかな????
違うかも知れないけれど。
夫人が気合いを入れて集めたのかなあ、というのが窺われる年代の美術品は見応えがありました。

この画像は獅子達が細い橋を渡ろうとしている?ものですが、チケットにも印刷されています。ずいぶん前に買ったのですがずっと読まないでいて最近ちょぼちょぼ読んでいる「江戸百夢」という本にも、載っていて、びっくりしました。この本は、買ったときよりも、今の方が、実際に見たり読んだりしたことのある絵があって、わかって、今読んで正解だったような気がしました。

詳細は以下urlをご覧ください。
「日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展」

http://www.tobikan.jp/museum/burke.html

続きを読む "「日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

お誕生日にはAmazon?

大分前に頼んだのだけれど、在庫切れでなかなか発送にならなくって。それがお誕生日に届きました。故意かしら?故意なら故意で、Amazon、にくいことするじゃん。 ちなみに、 やさしくひける最新アニメヒッツ 2004 (2004) ケロロ軍曹の表紙が目印。ケロッとマーチと、アフロ軍曹が入ってます。でもおめあては実はそれではなく、果てしなく遠い空に(今日からマ王のアニメのオープニング)。エンディングはなかった……
それとクライム・マシン

続きを読む "お誕生日にはAmazon?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »