« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月

2006年5月21日 (日)

のんびりようび

オープニングセレモニーも終わり、今日はひさしぶりにのんびりした休日。
のんびり起きてブランチを食べて、のんびりガーデニングの店に行って苗を買い、植え付けて。
天気がよかったので、8キロの洗濯機3回分の洗濯物も乾いたし、出足が遅かった割には能率の上がった一日。
私が買ったのは、
プチトマト、水なす、ゴーヤ、ズッキーニ、バジル、エダマメ。
京野菜の次は金沢のローカル野菜が流行のようで、加賀キュウリの苗とか売ってましたが、当地では無理だろうと断念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

にゃんまげが

正確に言うとにゃんまげのストラップのついたUSBメモリーが、見あたらないの……寸暇をぬって作った10数冊分の本の感想のデータが入っているのに。あああああ、もう一回書く気がおきません。

続きを読む "にゃんまげが"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

おつとめもおわり

せっかくのGWも引っ越しや日直でつぶれてどこにも行けず、でもようやく6日の5時で一段落したのでこれからちょっとお出かけしようかと。でもこれから天気悪くなるのよね。
半端に拘束されてた間に、お茶の間電脳計画がずいぶん進展しました。無線LANがなんとかできるように。ただ、ダンナの使ってた古いプリンターはシリアルでも使えず、(ドライバーがXP用のがないの)で、やすいプリンター買うかなしですませようかどうしようかと言ったところ。あとは、キッズのフィルターがまだ入れてないので、それをもうちょっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

読書「×××HOLiC(ホリック) 8 」  

「×××HOLiC(ホリック) 8 」
7巻からの長い話が終局を迎えた。蜘蛛の怨み、自分を大切にすること、自己犠牲とは?ひまわりちゃんってなにもの?魔を呼ぶものではなく、魔を作り出すもの?作り出すもの自体は魔ではないのかしら?ひまわりちゃん………………続きは別窓で開く

×××HOLiC(ホリック) 8
(KCデラックス)
CLAMP
税込価格 : \560 (本体 : \533)
出版 : 講談社 サイズ : /
ISBN : 4-06-372128-0
発行年月 : 2006.2
×××HOLiC(ホリック) 8

題名:ホリック8 作者:クランプ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

続きを読む "読書「×××HOLiC(ホリック) 8 」  "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「クラッシュブレイズ パンドラの檻」

「クラッシュブレイズ パンドラの檻」
このシリーズはもう買うまい、と思っていたんだけど、ケリーの話だというのでつい買ってしまった……次にでるのはデルフィニアの外伝らしいんだが……ううううううんんん

クラッシュブレイズ パンドラの檻 (C・novels fantasia クラッシュ・ブレイズ)
茅田 砂胡著
パンドラの檻

題名:パンドラノオリ 作者:カヤタスナコ ジャンル:SF メディア:新書 

続きを読む "読書「クラッシュブレイズ パンドラの檻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「魔道士の魂1- 5」

「魔道士の魂1- 5」
ようやく結婚した、その新婚初夜の明けた朝、チャイムが現れた! アンデリスの、無垢で無知な人々の陥らざるを得ない………………………続きは別窓で開く
 
魔道士の魂 1ー5
(ハヤカワ文庫 FT 真実の剣)
テリー・グッドカインド著 佐田 千織訳

1 消えゆく魔法
2 不穏な再会
3 ダルトンの策略
4 奪われた剣
5 魂の召喚
魔道士の魂 1魔道士の魂 2魔道士の魂 3魔道士の魂 4魔道士の魂 5

題名: マドウシノタマシイ作者:グッドカインド、 テリー ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 

続きを読む "読書「魔道士の魂1- 5」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ケロロ軍曹12」

「ケロロ軍曹12」
お正月とかクリスマスとか、月刊誌は季節ネタけっこう多いのね。

ケロロ軍曹 12 (角川コミックス・エース)
吉崎 観音著

ケロロ軍曹 12

題名:ケロログンソウ12 作者:ヨシザキミネ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

続きを読む "読書「ケロロ軍曹12」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「妖怪大戦争」

妖怪大戦争

レンタルされていたので、借りてきて見ました。映画館で見たときと同様、おもしろかった。以下は映画を見たときの感想↓

夏休み最後の日、見てきました。おもしろかった。娘(小6)にたいへん受けていました。多分小学生ウケする映画で、でも大人も、わかる人にはわかるような遊びがあちこちにしかけてあって、深読みもできて、よかったです。くだんとか、小豆とか。
夏の映画の定番(妖怪もの)であって、帝都物語であり、ecologyや反戦のメッセージもあるし、もちろん少年の成長ものなのよ。
主人公タダシ君は10歳の小学生で、キャッチフレーズをつけるなら、内股の美少年。TVCMで見たときはそうも思わなかったのだけど、鄙にはまれな、気品がある感じ。(彼をいじめる)同級生の男の子たちといっしょの所を見ると、彼だけぱーっと光って見えるの。夜のお祭りで、獅子頭にかまれる(麒麟送子に選ばれる)のも宜なるかな、と。まあ牛若丸の役もやっていたし。

宮部みゆきが、ちょい役……といってもちゃんとセリフも動きもある役で出ていました。1学期の終業式の日の、担任の先生役で。
2005-8妖怪大戦争

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »