« ネクタイ | トップページ | 読書「ケロロ軍曹12」 »

2006年5月 2日 (火)

映画「妖怪大戦争」

妖怪大戦争

レンタルされていたので、借りてきて見ました。映画館で見たときと同様、おもしろかった。以下は映画を見たときの感想↓

夏休み最後の日、見てきました。おもしろかった。娘(小6)にたいへん受けていました。多分小学生ウケする映画で、でも大人も、わかる人にはわかるような遊びがあちこちにしかけてあって、深読みもできて、よかったです。くだんとか、小豆とか。
夏の映画の定番(妖怪もの)であって、帝都物語であり、ecologyや反戦のメッセージもあるし、もちろん少年の成長ものなのよ。
主人公タダシ君は10歳の小学生で、キャッチフレーズをつけるなら、内股の美少年。TVCMで見たときはそうも思わなかったのだけど、鄙にはまれな、気品がある感じ。(彼をいじめる)同級生の男の子たちといっしょの所を見ると、彼だけぱーっと光って見えるの。夜のお祭りで、獅子頭にかまれる(麒麟送子に選ばれる)のも宜なるかな、と。まあ牛若丸の役もやっていたし。

宮部みゆきが、ちょい役……といってもちゃんとセリフも動きもある役で出ていました。1学期の終業式の日の、担任の先生役で。
2005-8妖怪大戦争

|

« ネクタイ | トップページ | 読書「ケロロ軍曹12」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/9864148

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「妖怪大戦争」:

« ネクタイ | トップページ | 読書「ケロロ軍曹12」 »