« 読書「傭兵ピエール」 | トップページ | 読書「クドリャフカの順番」 »

2006年7月16日 (日)

読書 「きものが欲しい!」

「きものが欲しい!」
私よりも10歳と少し上なんですね。そのぐらい違うだけでも、着物事情ってずいぶん違うのにびっくりしました。例えば群さんは、学校でゆかた縫わされたり運針させられたりしてたらしいです。十代の頃、お正月のお出かけ(友達との)に着物着たりして………………………別窓で開く

きものが欲しい! (角川文庫) 群 ようこ〔著〕 税込価格 : \620 (本体 : \590)
出版 : 角川書店 サイズ : 文庫 / 236p ISBN : 4-04-171717-5 発行年月 : 2006.2
オンライン書店ビーケーワン:きものが欲しい!

題名:キモノガホシイ 作者:ムレヨウコ ジャンル:エッセイ メディア:文庫 

|

« 読書「傭兵ピエール」 | トップページ | 読書「クドリャフカの順番」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

   しょ~じきに言います。わたし、若い頃キャッチセールス(というか、ほとんどあの会社はデート商法に近かったな。女性だったけど)に捕まりまして、ン百万のローンで訪問着と付下げを作らされました。共に一回ずつぐらいは着ましたけど。
   知識のない若い女性に立て板に水でセールストーク。帰れません。(T_T) 悪いことにお茶やってて、年に数回着物を着る機会があって。親の揃えてくれる着物はどうも好みでなくって(でもそんなこと言えないし)。洋服と和服の感覚は違うから、若い娘の感覚で着物を選んじゃならんというのは今になって解ることなんですけどね。さて、あのヒドイ着物はどうしたらいいんでしょう?   わたしはもう着物を買うことはないと思ってます。しくしく。

投稿: まいね | 2006年7月18日 (火) 23時32分

あ~それはなんとも不幸な出来事が……
若い娘さん用の着物なので、今は着られないのね?むすめさんに期待するほか無いんでしょうか?
群ようこなので、普通の着物好きのひとのエッセイとはちょっとちがってて、おもしろかったですよ。

投稿: とむ影 | 2006年7月20日 (木) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/10965698

この記事へのトラックバック一覧です: 読書 「きものが欲しい!」:

« 読書「傭兵ピエール」 | トップページ | 読書「クドリャフカの順番」 »