« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月30日 (水)

読書「日本産鉱物型録」  

日本産鉱物型録
見てるだけで楽しい。この国立科学博物館叢書も、ずいぶん増えたなあ……

日本産鉱物型録 (国立科学博物館叢書)
松原 聡著 宮脇 律郎著
税込価格 : \2,520 (本体 : \2,400) 出版 : 東海大学出版会
サイズ : B5変形 / 152p ISBN : 4-486-03157-1 発行年月 : 2006.3

内容説明
日本産鉱物1139種の最新情報を網羅した型録。鉱物種はアルファベット順に並べ、英名、理想化学式、和名、晶系を表記。日本産新鉱物、産地が3カ所以内の稀産鉱物、やや稀な鉱物は産地名を示し、文献や分析値なども付す。
オンライン書店ビーケーワン:日本産鉱物型録

題名:ニホンサンコウブツカタログ 作者:マツバラサトシ 作者:ミヤワキリツオ      ジャンル:理科 メディア:単行本 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「紙ワザ工房」

「紙ワザ工房」
紙ワザ工房 ペーパークラフト

菊地 清著 税込価格 : \1,575 (本体 : \1,500)
出版 : 日貿出版社 サイズ : B5判 / 95p ISBN : 4-8170-8099-X 発行年月 : 2006.1

内容説明
入門者用ペーパークラフト集。「切る・折る」だけの簡単な仕掛けで「スゴイ」と唸らせる完成品が作れます。用具、材料、使い方、制作のプロセスなど基本を丁寧に写真で解説し、30以上の作品を型紙とあわせて掲載
オンライン書店ビーケーワン:紙ワザ工房


題名:カミワザコウボウ 作者:キクチキヨシ ジャンル: メディア:ソフトカバー 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「蜂の巣にキス」

「蜂の巣にキス」
なにも普通のミステリー書かんでも。

蜂の巣にキス (創元推理文庫)
ジョナサン・キャロル著 浅羽 莢子訳
税込価格 : \903 (本体 : \860) 出版 : 東京創元社
サイズ : 文庫 / 342p ISBN : 4-488-54708-7 発行年月 : 2006.4
オンライン書店ビーケーワン:蜂の巣にキス

題名:ハチノスニキス 作者:キャロル ジョナサン ジャンル:ミステリー メディア:文庫 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「マルタ・サギーは探偵ですか?」 3 ニッポンのドクトル・バーチ  

「マルタ・サギーは探偵ですか?」 3 ニッポンのドクトル・バーチ
ドクトル・バーチと日本に?そんでもって……

マルタ・サギーは探偵ですか? 3 ニッポンのドクトル・バーチ (富士見ミステリー文庫)
野梨原 花南〔著〕
税込価格 : \525 (本体 : \500) 出版 : 富士見書房
サイズ : 文庫 / 206p ISBN : 4-8291-6362-3 発行年月 : 2006.8
オンライン書店ビーケーワン:マルタ・サギーは探偵ですか? 3

題名:マルタサギーハタンテイデスカ3 作者:ノリハラカナン ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「鉄壱智」 2

「鉄壱智」 2
天人の羽衣……

鉄壱智 2 (IDコミックス)
なるしま ゆり
税込価格 : \580 (本体 : \552) 出版 : 一迅社
サイズ : / ISBN : 4-7580-5192-5 発行年月 : 2005.11
オンライン書店ビーケーワン:鉄壱智 2

題名:テツイチ2 作者:ナルシマユリ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「BLEACH 22、23」

「BLEACH 22、23」
やちるちゃんって女性だったんだ……なんとなく、小動物系の男の子かと。 ルキアは強かったのね。 チャドは復活するのか?


BLEACH 22 CONQUISTADORES (ジャンプ・コミックス)
久保 帯人著 税込価格 : \410 (本体 : \390) 出版 : 集英社
サイズ : 新書 / 200p ISBN : 4-08-874049-1 発行年月 : 2006.5
オンライン書店ビーケーワン:BLEACH 22
BLEACH 23 MALA SUERTE!
ISBN : 4-08-874140-4 発行年月 : 2006.8
オンライン書店ビーケーワン:BLEACH 23

題名:ブリーチ22,23 作者:クボタイト ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ダーク・タワー」1-3

「ダーク・タワー」1-3  
1巻は割とつまんなかった。映画的? 第3部がおもしろいというので、とにかく3部までは読もうと買っ……………………… 別窓で開く


ダーク・タワー 1 ガンスリンガー (新潮文庫)
スティーヴン・キング〔著〕 風間 賢二訳 税込価格 : \780 (本体 : \743)
出版 : 新潮社 サイズ : 文庫 / 412p 図版6枚 ISBN : 4-10-219339-1 発行年月 : 2005.12
オンライン書店ビーケーワン:ダーク・タワー 1
ダーク・タワー 2〔上下〕 運命の三人 ISBN : 4-10-219340-5(上) 発行年月 : 2006.1
オンライン書店ビーケーワン:ダーク・タワー 2〔上〕
ダーク・タワー 3〔上〕 荒地 ISBN : 4-10-219342-1(上) 発行年月 : 2006.2
オンライン書店ビーケーワン:ダーク・タワー 3〔上〕

題名:ダークタワー 作者:キング、スティーブン ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ブンとフン」

「ブンとフン」
小説家フン先生の小説から飛び出した大泥棒ブン。盗めないものはなんにもない。 最後には日本中が泥棒になりたくなっちゃう話。

ブンとフン 改版 (新潮文庫) 井上 ひさし著
税込価格 : \420 (本体 : \400) 出版 : 新潮社 サイズ : 文庫 / 210p ISBN : 4-10-116801-6 発行年月: 1990

題名:ブントフン 作者:イノウエヒサシ ジャンル:小説 メディア:文庫 メディア:文庫CD 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書「はつ恋」

「はつ恋」
かの有名な「はつ恋」。自分より少しだけ年上の人。背伸びして。サロン。彼女が思いを寄せたのは僕でなくサロンの取巻の誰かでなく僕の父だった。


はつ恋 改版 (新潮文庫)
ツルゲーネフ〔著〕 神西 清訳 税込価格 : \340 (本体 : \324)
出版 : 新潮社 サイズ : 文庫 / 137p ISBN : 4-10-201804-2 発行年月 : 1987

題名:ハツコイ 作者:ツルゲーネフ ジャンル:小説 メディア:文庫 メディア:文庫CD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「宗像教授異考録」 第3集

「宗像教授異考録」 第3集
出雲の話がおもしろかった。神無月(出雲では神有月)に、出雲でシンポジウムがあり、宗像教授や(これからヒロインになってきそうな、気の強い)美人研究者が出席することに。嵐のためシンポジウムは中止となります………………………別窓で開く


宗像教授異考録 第3集 (ビッグコミックススペシャル)
星野 之宣 税込価格 : \1,300 (本体 : \1,238) 出版 : 小学館
サイズ : / ISBN : 4-09-180549-3 発行年月 : 2006.7
オンライン書店ビーケーワン:章鋗擬・杞溶逝第3集

題名:ムナカタキョウジュイコウロク3 作者:ホシノユキノブ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の鍵をなくしたら

息子が自転車の鍵をなくしました。しょうがないので自転車屋さんに持って行って、鍵を壊してもらい、新しい鍵をつけてもらいました。サドルも壊れかけていたのでなおしました。6000円かかりました。
息子は新しい自転車が欲しかったようですが、直して使えるものは直して使うの!の意見に反対はできなかったようです。現金なもので、サドルが新品になったら乗り心地がよくなったらしく、文句言わずに乗っています。
ところで自転車の鍵で「教えてgoo」で検索したら、こんな回答がありました。
私もこんな回答ができるような、親切な大人になりたいものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=952734

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

読書「びっくり館の殺人」

「びっくり館の殺人」
子供向けのレーベルだし、そのへんわきまえて書かれていますが、でもこういう館シリーズもありかも。所々、大人のミステリ読みにわかる仕掛けが施されていて、そのへんもクスリ。最近 「虚無への供物」 読んでいたので、そのへんと……………………… 別窓で開く  

びっくり館の殺人 (MYSTERY LAND)
綾辻 行人著 税込価格 : \2,100 (本体 : \2,000)
出版 : 講談社 サイズ : B6判 / 356p ISBN : 4-06-270579-6 発行年月 : 2006.3

オンライン書店ビーケーワン:びっくり館の殺人

題名:ビックリカンノサツジン 作者:アヤツジユキト ジャンル:ミステリー メディア:単行本 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

読書「週刊石川雅之」

週刊石川雅之
まじめな顔してどんどんエスカレート、小粋なギャグの短編集。 両親は、シャレがわかるから、って、え~っと。
週刊石川雅之 (モーニングKC)
石川 雅之
税込価格 : \540 (本体 : \514) 出版 : 講談社
サイズ : / ISBN : 4-06-328867-6 発行年月 : 2003.2
オンライン書店ビーケーワン:週刊石川雅之


題名:シュウカンイシカワマサユキ 作者:イシカワマサユキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書「カタリベ」

カタリベ  
倭寇(海賊)を扱った、南海冒険もの、を書こうと思ったのかな?悪くはないのだが語り部たる王子にそれほど魅力がない。バハン様はともかく。

カタリベ (SPコミックス)
石川 雅之 税込価格 : \680 (本体 : \648)
出版 : リイド社 サイズ : / ISBN : 4-8458-2873-1 発行年月 : 2006.4
オンライン書店ビーケーワン:カタリベ

題名:カタリベ 作者:イシカワマサユキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

読書「人斬り竜馬」

人斬り竜馬
維新漫画。


人斬り龍馬 (SPコミックス)
石川 雅之
税込価格 : \550 (本体 : \524) 出版 : リイド社
サイズ : / ISBN : 4-8458-2743-3 発行年月 : 2005.5
オンライン書店ビーケーワン:人斬り龍馬

題名:ヒトキリリョウマ 作者:イシカワマサユキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

読書「バイトでウィザード(漫画)」

バイトでウィザード(漫画)
変態!変態!コミックスじゃない小説の方はちょっと方向が違ってて、で、小説の方がおもしろいとか。 大地を流れる光流脈の力を引き出し……………………… 別窓で開く

バイトでウィザード 1 轟け我が魂よ、と異端者たちは嘆いた (角川コミックス・エース)
椎野 美由貴原作 佐伯 淳一漫画 原田 たけひとキャラクター原案
税込価格 : \567 (本体 : \540)
出版 : 角川書店 サイズ : 新書 / 148p ISBN : 4-04-713834-7 発行年月 :2006.6
オンライン書店ビーケーワン:バイトでウィザード 1

題名:バイトデウィザードマンガ 作者: ジャンル:マンガ メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「二十世紀鉄仮面」

「二十世紀鉄仮面」  
父の本棚から持ってきました。昭和47年発行。 戦前の軍事財閥、幕末の海賊、南洋の船のなかの殺人、鉄仮面、音楽会、色っぽい話もちりばめて、黒死館より好きかも。悪役がまた剛胆で魅力的でね。 ………………………別窓で開く


多分上記の復刻
小栗虫太郎全作品 4二十世紀鉄仮面
小栗 虫太郎〔著〕
税込価格 : \7,350 (本体 : \7,000)
出版 : 沖積舎 サイズ : A5判 / 346p ISBN : 4-8060-6553-6 発行年月: 1997.9 題名:ニジュッセイキテッカメン 作者:オグリムシタロウ ジャンル:ミステリー メディア:単行本 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」1-4

「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」1-4  
小さな島国日本から遣唐使として大陸へわたり、大唐で空海が大活躍する話……? 後からになるとそうでもないのだけれど、特に初めのうちは、空海と橘逸勢のコンビが、「陰陽師」の晴明と博雅のコンビとだぶってしまう。また、気合いを入………………………別窓で開く  

沙門空海 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ1 -4
夢枕 獏著  徳間書店

オンライン書店ビーケーワン:沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ1オンライン書店ビーケーワン:沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2オンライン書店ビーケーワン:沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ3オンライン書店ビーケーワン:沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ4

題名:シャモンクウカイトウノクニニテオニトウタゲス 作者:ユメマクラバク ジャンル:ファンタジー メディア:単行本 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「輝く日の宮」

「輝く日の宮」
輝く日の宮、源氏物語の、欠失されたとも、はじめから無かったのだとも言われている帖の名です。源氏と藤壺の、はじめの密会が描かれた帖であるとも。その帖を巡る謎解きでもあり、そうでもないような。重層的でおもしろかったです。 最後の章では………………………  別窓で開く


輝く日の宮 (講談社文庫)
丸谷 才一〔著〕
税込価格 : \770 (本体 : \733) 出版 : 講談社
サイズ : 文庫 / 479p ISBN : 4-06-275434-7 発行年月 : 2006.6
オンライン書店ビーケーワン:輝く日の宮

題名:カガヤクヒノミヤ 作者:マルヤサイイチ ジャンル:小説 メディア:単行本 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

直木賞作家でしたね

猫に関係したエッセイ、あちこちで話題になっています。彼女の書いた「山妣」、おもしろかったんだけどなあ……。最近はタヒチのエッセイしか見たことがなかったけれど、小説書いていたのかしら。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

映画「ゲド戦記」


ゲド戦記の映画としても、ジブリの映画としても、失敗作だ、と思う。説明不足で、つかみが悪くて、絵に華がなくて、声優も合わなくて。菅原文太は声優にはむいてない……。田中裕子も、エボシ御前にはよかったけれど、クモは合わない。よくも悪くも、女性の声なので。

……悪いとこばっかじゃないですが。
映画として、テルーの歌はよかったし、街をさまようアレンは、少年は独りにならなくてはいけないんだ、独りでさまようことが必要なんだ、なんてふと思わされて、よかった。
ゲド戦記はほとんど子供の頃に読んだ本なので、内容がすでに私の血肉と化しているのだ、と気づいたのもなんだか嬉しかった。出典を忘れていたのに、自分の考え方の柱となるような考え方があって。それは、「その植物を真に知るためには、その植物の成長のさまざまな様相、季節ごとに姿を変えるその姿のすべてを知らないと、真に知ったことにはならない」、というような考え方。

ただね、ちょっと怖いんだけど、

「王子アレンは父を刺してしまい、その罪の重さに宮殿を出る。さすらいの大賢者ゲドと出会い、母のようなテナー、龍の化身である少女テルーとともに額に汗して働くことで、命の尊さを知るようになるのであった……」

宮崎(息子)監督、ジブリ、まさか、そんなあらすじを描いているんじゃないでしょうね?それで売ろうと思ってるんじゃないでしょうね?

それはすごく嫌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

展覧会「カミーユ・クローデル展」

カミーユ・クローデル展
福島県立美術館
2006年5月30日~7月17日

 この展覧会では55点の珠玉の作品とロダンによるカミーユ像、書簡・写真類等によってカミーユの悲劇の生涯と芸術を振り返ります。 (美術館の紹介から)

いくぞいくぞと思っていたのになかなか行けなくて、結局最終日ぎりぎりになりました。

カミーユ・クローデル、ロダンの愛人にして美人女性彫刻家、次第に心を病んで制作も止め、精神病院で一生を終えた。伝説のような生涯ですが、スキャンダルのためだけに取りざたされるような作品ではなかったです。とてもよかった。
「ダンス」もよかったし、弟を扱ったものもよかったけれど、シャクンタラー、これがとにかくすごくよかった。どんな人がどんな状況でこの作品を作ったのかまったく関係なく、とにかく作品がすばらしいと感じました。

彫刻家は、画家もそうですが、作った芸術が残るからまだいいね。録音する技術がないころの音楽家は、彼/彼女の創造したものが芸術の名に値するものだったのかどうか、検証されることができない。たいしたこともないくせに風聞だけで世間を渡っていった‘自称’芸術家なのか、当時の批評家に目がなかったり敵対者の声が大きかったために貶められただけなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ライオンと魔女」


子供だまし。
子供たちは、すげえおもしろかった、って言ってたので、ディズニーの戦略としてはあたりなんでしょうけれど、私としては……
魔女が魅力的じゃなかったのが嫌かな。BBCのナルニアって、特撮がいまいちアレで(特にアスランとか!)したが、その分風景や人物がよかったような気が。特に、魔女が、エドモンドを初めてみたシーン。アダムの息子は魔女の滅びの元なのだけれど、魔女はアダムの息子を待ち望んではいなかったか?自らの滅びを、ある意味で待ち望んではいなかったか?魔女の目の中に、絶望と甘美さと希望が見え、そのような複雑な感情を持つ魔女が魅力的に思えた。その他、ストーリー的にも、直球勝負で、深味がない。
よかったのは、フォーンの造形。タムナスさんが家にはいる時、玄関先で脚を踏みならして、下半身の雪を落として入る所なんかさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

読書「魔術師エベネザムと不肖の弟子」

「魔術師エベネザムと不肖の弟子」    
装丁がチャーミング。バーミリオン・レッドの地に、両手を広げた白髭の魔術師。なんとなくサンタ・クロースやディズニー風の魔法使いっぽい。………………………続きは別窓で開く

魔術師エベネザムと不肖の弟子 (ハヤカワ文庫 FT)
クレイグ・ショー・ガードナー著 冬川 亘訳 税込価格 : \735 (本体 : \700)
出版 : 早川書房 サイズ : 文庫 / 351p ISBN : 4-15-020412-8 発行年月 : 2006.3
オンライン書店ビーケーワン:魔術師エベネザムと不肖の弟子

題名:マジュツシエベネザムトフショウノデシ 作者:ガードナー クレイグ ショー ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「夜明けをつげる森の調べ」

「夜明けをつげる森の調べ」上下

どうも、ヒロインの恋人たるメルファランが好きになれなくて。もう読まないことにします……

夜明けをつげる森の調べ 上 (ハヤカワ文庫 FT シャーリアの魔女)
ダイアナ・マーセラス著 関口 幸男訳
税込価格 : \966 (本体 : \920) 出版 : 早川書房 サイズ : 文庫 / 495p
ISBN : 4-15-020403-9 発行年月 : 2005.11
オンライン書店ビーケーワン:夜明けをつげる森の調べ 上
夜明けをつげる森の調べ 下 (ハヤカワ文庫 FT シャーリアの魔女)
サイズ : 文庫 / 476p ISBN : 4-15-020404-7 発行年月 : 2005.11
オンライン書店ビーケーワン:夜明けをつげる森の調べ 下

題名:ヨアケヲツゲルモリノシラベ 作者:マーセラス ダイアナ ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

自分のココログを全文検索するJavaScript

懸案になっていた、「自分のココログを全文検索するJavaScript」の設置が終わりました。
暴想さんの、: 自分のココログを全文検索するJavaScript
http://java.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/javascript_c163.html
を使わせていただきました。とっても便利~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

小松左京

最近雑誌か漫画か料理関係以外の本は買わなかったダンナが、しばらくぶりに小松左京のエッセイを買ってきました。
裏表紙の著者近影が、髪の毛が少し乏しげに見えて、病み上がりの猫のようだと、親愛混じりの悪口をたたきます。
小松左京関連で食卓が盛り上がりました。

日本沈没のリメイクは何年ぶりだと思う、とか、訊かれて、え~、30年以上になるでしょう、というと、そうそう、34年なんだって。
私が、職場の若い衆が、映画を見に行くというので、昔のは見てるけど、今回のはどうしようかなあと言うと、え、昔映画化されたことあるんですか、と、寂しい返事が返ってきた……。話とか、当時は小学生だったよねえ、とか。

小松左京が昔血肉をわかせて読んだ本(山中峰太郎や高垣眸や佐藤紅緑など)、読んだことがあったので、活字中毒者の面目躍如といったところ。多分、20年ぐらい前に復刻版がでたときに父が買ったのを勧められて読んだんだっただったっけ。

などなど。

日本沈没の映画は、多分地元の田舎町の映画館(そのころすでにピンク映画館となりながらも細々と営業していたものだったか廃業したけれどこの時だけ興行を打ったものだったのか……)でみたはず。映画は見たし本も読んだけれど、今思えばよくわからなかったんじゃないかしら。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

土用の梅干し

梅雨明けが遅かった仇をとるように暑き日が続いています。先日つけ込んだ梅干し、いよいよ土用干しです。娘に干させてひっくり返させています。面倒くさいのでそれをなんとかするような道具を考えて、夏休みの宿題の「発明・工夫展に一人一点は出品する」にしなさい、と、いっておきました。
とりあえず、今年は紫蘇がいいのか、いい色に仕上がってきています。味は…まだまだこれからのお楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

夏休み!

8/3の午後からお休みです(#^.^#)
梅雨も明けそうだし、咳も何とか良くなったようだし(3ヶ月以上かかりましたね。)海へ!行く予定。日本海の小さい島に遊びに行きます。8/4の朝~8/6夜までネットにつながらないと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »