« 直木賞作家でしたね | トップページ | 読書「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」1-4 »

2006年8月28日 (月)

読書「輝く日の宮」

「輝く日の宮」
輝く日の宮、源氏物語の、欠失されたとも、はじめから無かったのだとも言われている帖の名です。源氏と藤壺の、はじめの密会が描かれた帖であるとも。その帖を巡る謎解きでもあり、そうでもないような。重層的でおもしろかったです。 最後の章では………………………  別窓で開く


輝く日の宮 (講談社文庫)
丸谷 才一〔著〕
税込価格 : \770 (本体 : \733) 出版 : 講談社
サイズ : 文庫 / 479p ISBN : 4-06-275434-7 発行年月 : 2006.6
オンライン書店ビーケーワン:輝く日の宮

題名:カガヤクヒノミヤ 作者:マルヤサイイチ ジャンル:小説 メディア:単行本 

|

« 直木賞作家でしたね | トップページ | 読書「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」1-4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/11647845

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「輝く日の宮」:

« 直木賞作家でしたね | トップページ | 読書「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」1-4 »