« 読書「びっくり館の殺人」 | トップページ | 読書「宗像教授異考録」 第3集 »

2006年8月30日 (水)

自転車の鍵をなくしたら

息子が自転車の鍵をなくしました。しょうがないので自転車屋さんに持って行って、鍵を壊してもらい、新しい鍵をつけてもらいました。サドルも壊れかけていたのでなおしました。6000円かかりました。
息子は新しい自転車が欲しかったようですが、直して使えるものは直して使うの!の意見に反対はできなかったようです。現金なもので、サドルが新品になったら乗り心地がよくなったらしく、文句言わずに乗っています。
ところで自転車の鍵で「教えてgoo」で検索したら、こんな回答がありました。
私もこんな回答ができるような、親切な大人になりたいものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=952734

|

« 読書「びっくり館の殺人」 | トップページ | 読書「宗像教授異考録」 第3集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

グー見ました。にゃるほど、大人ですな。
これはサイトの方で答えを取捨選択してるのですかね? いろんな方向から善後策が示されてて抜けがないと思いました。? これはもしかして良解答が決まった例なのかな?

投稿: まいね | 2006年8月30日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/11684381

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の鍵をなくしたら:

« 読書「びっくり館の殺人」 | トップページ | 読書「宗像教授異考録」 第3集 »