« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月13日 (水)

映画「キングコング」


かつての怪獣映画(に入れていいでしょう?)、キングコングのリメイクです。で、怪獣もの、秘境もの、パニックもの、だと思っていたら、そうではなかったの。いや、そういう部分ももちろんあるんですが。

なんでしょう、
ラスト近く、エンパイヤステートビルのてっぺんで、座って空を眺めつつ彼女と心を通わせるシーン。言葉はしゃべらないけれど、彼の心情は伝わってくる。彼はこの時怪物ではなく、行き所のない人間の男のようだ。

いろいろやっちゃあみたけれど、結局こんなふうになっちまった。後悔してないといったら嘘になるが、まあ、しょうがあるめえよ。おめえとあわなけりゃ、こんなところまで流れてきて、こんな羽目にはならなかったわけだが、あわなけりゃ、こうして人と心通わせる事も知らずに獣のままでいたわけだものなあ。だからおれはこれで満足なのさ。世界は美しい。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

映画「カーズ」



2006年の夏休み映画はブレイブストーリー、ゲド戦記、ときて、なんだかな~だったのですが、すなみさんのおすすめでカーズみて、よかったです。ディズニーのお子様映画だろうから、見なくてもいいかも、ビデオでもいいかも、と思っていたのです。でもでも、さすがピクサーでした。映画館で見てよかったです。
すべての登場人物が(人も、牛も)車である世界。向こう見ずなレーサー、マックイーンは、ルーキーで一匹狼で。そう、若くて、自負心があって、オレが最高、お前らはオレの思い通りに動けよ。
まだ若く、本質的には悪い奴じゃあないんだが、このままじゃあ鼻持ちならない奴にできあがってしまいかねない、ぎりぎりのところにいた。
国一番のレースで優勝を争っていたのに、ひょんなことで、「ラジエータースプリングス」という、街道筋からはずれた、寂れた町につなぎ止められるはめに。
そこでいろいろあって、精神的に成長し、そして……という、王道のストーリー。くすぐり、おあそびもたっぷりと。絵もねえ、車体に町のイルミネーションが映りこむシーンなんて感動的。

レースシーンもよかったけれど、彼女とドライブするシーンもよかった~。彼女っつっても車なので、一つの車でドライブ、ではないの。前になり、後になりして、走るのね。車のイメージビデオによくあるような、外国の、カーブの連続する山道を走っていく。秋なのもいいね。自分が楽しかった秋のドライブを追体験しました。日差しは明るいのに暑くはなくて、空気は乾いていて、近くの木の葉はくっきりと、遠くは遥か彼方まで見晴らせて。前になり後ろになり、道を進んでいくデート、というのは、サイクリングに近いのかしら?でも、サイクリングは、こんな山道はちょっとデートにはむかないでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

映画「ブレイブストーリー」


悪くはないんだけど。ちょっとぴんとこない。詰めこみすぎ?背景を語らなさすぎ?夏休みのお子様映画としては及第点ではあるんだけどね。
声優として松たか子はなかなかよかったと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展覧会「名取洋之助と日本工房 報道写真とグラフィック・デザインの青春時代」


名取洋之助と日本工房 報道写真とグラフィック・デザインの青春時代
会期/平成18年2月11日(土)~3月26日(日)
主催/福島県立美術館、毎日新聞社、福島民報社、福島テレビ
共催/財団法人日本カメラ財団、社団法人日本写真家協会
協力/財団法人土門拳記念館
協賛/国書刊行会
後援/福島市、福島市教育委員会、福島県写真連盟

戦前、戦中の、日本の報道写真の大家であった名取洋之助の撮った写真、彼の会社(日本工房)の社員であった人々(例えば土門拳のような)の写真。写真そのものばかりでなく、雑誌(対外グラフ誌「NIPPON」など)も。軍(ほぼ政府と同義だね)に寄り添う。軍に力があり大義があり夢があった時には写真も雑誌もかっこいいが、敗戦間際の言いようのない情けなさはどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展覧会「大ナスカ展」


地上絵。ナスカ文明を築いた人達が、歩くために作ったのではないかというのが最近の考え方のようです。地上絵を持ってくるわけにはいかないので、それはバーチャルで。フライトシミュレーターみたいな感じ。computer何台か設置してありました。地上絵の上を歩いてみよう、というコーナーでは、人がその上に乗って何歩か歩けるぐらいの大きな丈夫な透明なプラスチックの箱があって、その中に本物の砂と石で地上絵の一部分が再現してありました。たしかに人が歩くのにちょうどのサイズなのね。
しかしそこへ行き着くまでに、ツボが。大量のツボの展示がありました。壺や瓶や甕や……彩色されて、デザイン的にもおもしろかったですが、いかんせん大量で、最後の方はちょっとあきたかも……すんません。そんなに混まないだろうと思っていたのに、入場制限かけるほどの混みようで、多分、お天気悪くなったので、動物園やお花見にきた人が流れ込んだのでしょう。
ショップでは、いろいろおいてありましたが、あったら欲しいかも、と思った、壺のレプリカがおいてなかったのが残念でした。
友の会失効していたので改めて申し込みましたが、今度は2年の、家族会員一名つけてみました。私は何回か来るでしょうし、家族会員は1000円なので、たとえ一回しか特別展来なくたってお得です。送付される科博ニュースおもしろいし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

アクセスカウンター

アクセスカウンターが設置できるようになったので設置してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

読書「神様のパズル」

「神様のパズル」
物理学科の大学生、ゼミでやるのは、宇宙の作り方??? (かつての?)天才美少女、気弱でオチコボレな男子、その他…… 多分、すごくまっとうなSFだと思う。宇宙論や量子論や、げしげし入ってくるんだけど、読みやすくて、おもしろかった

神様のパズル (ハルキ文庫)
機本 伸司著 税込価格 : \714 (本体 : \680) 出版 : 角川春樹事務所
サイズ : 文庫 / 367p ISBN : 4-7584-3233-3 発行年月 : 2006.5

内容説明 「宇宙は作ることができるのか?」 究極の問題に、天才女子学生&落ちこぼれ学生のコンビが出す答えとは? 存在感ある人物像、壮大なテーマに真っ向から挑み、見事に寄り切った作品。第3回小松左京賞受賞作。

オンライン書店ビーケーワン:神様のパズル

題名:カミサマノパズル 作者:ハタモトシンジ ジャンル:SF メディア:文庫 

| | コメント (3) | トラックバック (3)

読書「シュガシュガルーン」1,2  

「シュガシュガルーン」1,2
さすがなかよし、女の子まんがの王道をふまえていて、おもしろい。 魔女っこものなんです。 ストーリーは、べたといえばべたなんですが、 魔界から、女王候補の2人の少女がやってきます。その2人、ショコラとバニラが、人間の(恋………………………別窓で開く

シュガシュガルーン 1 (KCデラックス)
安野 モヨコ著 税込価格 : \440 (本体 : \419) 出版 : 講談社
サイズ : 新書 / 〔207p〕 ISBN : 4-06-334859-8 発行年月 : 2004.3

オンライン書店ビーケーワン:シュガシュガルーン 1

題名:シュガシュガルーン 作者:アンノモヨコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「幸せな食卓」

「幸せな食卓」
売れない演歌歌手である母と、それぞれ父親の違う3人の兄妹の一家がかこむ幸せな食卓。 ちょいと掘り下げが甘い気が。舞台が現代の日本だから?おとぎの国ではないから?

幸せな食卓 (ジェッツコミックス)
遠藤 淑子
税込価格 : \600 (本体 : \571) 出版 : 白泉社
サイズ : / ISBN : 4-592-14256-X 発行年月 : 2006.1
オンライン書店ビーケーワン:幸せな食卓

題名:シアワセナショクタク 作者:エンドウトシコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミシン 訪問販売?

詐欺、とまでは言わないけれど、ちょっとなんだかな~、という話。
職場の同僚の話。ミシンを買ったそうです。ブラザーだかシンガーだったか、ちゃんとしたブランドのミシンね。
チラシに3000円のミシンの広告が載ってて、電話して注文したら、販売員がお届けにあがって、ミシンの使い方の説明(講習)もしてくれるということだったそうです。で、くだんの3000円のミシンを持ってきた。で、説明をして、で、このミシンは安いので、厚いものは縫わないこと、と言われたそうな。厚いもの……厚地の生地のこと。具体的には、ジーンズの裾揚げをやっちゃいけない、んですって。厚地のものを縫うと、故障してしまい、修理代がかかるんですって。うそぉ。
彼女は、パンツの裾揚げが主目的でミシンを買おうと思ったそうなのに。で、こっちのミシンなら、どんな生地を縫っても大丈夫で、何年間だかは、故障の保証が付いているって、高いミシンをすすめられたんですって。高いって、20万ぐらいするミシンですって!
話を聞いてると、やっぱり高いミシンがよく思えて、買っちゃったそうです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

手始めはやっぱりerotic画像?

子供の進学に伴い、お茶の間パソコン計画始動し、その後しばらくになります。
親の目の届くところでインターネットを、ということでのお茶の間パソコン計画だったわけで、キッズのFilterもかけてあります。子供たちそれぞれがlog inできるようにsettingし、私だけが管理者で、パスワードを設定しています。
息子(高校生)は、お約束のように、エロサイトを覗くことに血道をあげて……いました。
いろいろなkeywordで検索して、それらしいサイトを捜し、かたっぱしから試しているようで、Filterがかかってるので、基本的には行けません。が、サイトの作者がうまくかいくぐるように作ってあれば、行けちゃったりすることはあるみたいです。時々履歴チェックしてますが、(履歴を消すなんていうことは知らないのですね)ぎょっとするような画像がでてきたりします。
さて、先日私が帰宅すると、青い顔して、
「おかーさんもしかしたら大変なことしちゃったかも知れない……」と。
家に、お金を請求する電話がかかってきたんだと。
ちなみに、パソコン用のメルアドはとってません。課金が必要なdownloadは、許可できないようにしてあります。(例えば音楽のdownloadなどは、私がloginして、目の届くところでdownloadさせています。)なので、アンケートかなんかで、自分の住所や電話番号を入れちゃったのかな?と思ったら、それはしてない、って言うの。
よくある、手当たり次第の架空請求電話であったようです。その電話の時に、自分の名前とか(いわゆる個人情報を)しゃべった?と
確認すると、しゃべってない、というので、とりあえず一安心しました。
その後再度電話がかかってくることはなかったので、架空請求電話であったのは間違いないようです。
いやーでも、その後の息子の殊勝だったこと殊勝だったこと。
ほとぼりが冷めてからまたあちこち覗きに行っているようですが、この話を持ち出すと、すぐに、シュンとなってしまいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

映画「猟奇的な彼女」

猟奇的な彼女

ヒット作だったのは知っていましたが、映画館では見なくって、そのままになっていました。こないだ日直の残り番のつれづれに見たら、おもしろかった。切れ切れにしか見られなかったのですが、それでもおもしろかった。主人公の男子は大学生で、地下鉄で美人と知り合う……すごいシチュエーションで。酔っぱらってゲロはいてひっくりかえった彼女をイヤイヤながら介抱する羽目になって……その彼女がすごい。美人なんだけど、口は悪いし暴力的だし天衣無縫で正義漢で……魅力的。
さて、この主人公、のび太君なのね(映画ののび太君)。癒し系の男の子。癒しが必要な人を知ることができて、必要な癒しを与えることができる。ま、恋のなせる技かも知れないけれど……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「レナード現象には理由がある」  

「レナード現象には理由がある」
超名門進学校にも、いろんなやつがいるわけで。 ああ~私のそばにも滝のようにマイナスイオンを降り注ぐ人がいるといいなあ……


レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)
川原 泉 税込価格 : \630 (本体 : \600) 出版 : 白泉社
サイズ : / ISBN : 4-592-14265-9 発行年月 : 2006.6
オンライン書店ビーケーワン:レナード現象には理由がある

題名:レナードゲンショウニハワケガアル 作者:カワハライズミ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書「鋼の錬金術師」 初回限定特装版 14巻   

「鋼の錬金術師」 初回限定特装版 14巻
ロイもリザもちょっとかっこいいかも…… ラフスケッチもよかった。


鋼の錬金術師 初回限定特装版 14巻 (SEコミックスプレミアム)
荒川弘
税込価格 : \600 (本体 : \571) 出版 : スクウェア・エニックス
サイズ : / ISBN : 4-7575-1695-9 発行年月 : 2006.7

オンライン書店ビーケーワン:鋼の錬金術師 初回限定特装版 14巻


題名:ハガネノレンキンジュツシ14 作者:アラカワヒロム ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「のだめカンタービレ」 15

のだめカンタービレ 15
ぎゃぼ!となくぬいぐるみ付きの特装版、ゲットです。 息子がほしがったけど、あげないんだよ~~~ん ラプソディ・イン・ブルー、弾いてみたいかも、と楽譜を探して見てみたのですが……見ただけで挫折。


のだめカンタービレ 15 限定版
二ノ宮 知子 税込価格 : \1,980 (本体 : \1,886)
出版 : 講談社 サイズ : / ISBN : 4-06-358225-6 発行年月 : 2006.6.13

オンライン書店ビーケーワン:のだめカンタービレ 15 限定版


題名:ノダメカンタービレ15 作者:ニノミヤトモコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

読書「美しいキラル」 4

「美しいキラル」 4
以前でたのの分が3までで、4からは最近書いた分。だれている…… ちゃんと締めてくれることを祈ります。

美しいキラル 4 (新書館ウィングス文庫 WINGS NOVEL)
前田 珠子著 税込価格 : \714 (本体 : \680)
出版 : 新書館 サイズ : 文庫 / 379p ISBN : 4-403-54106-2 発行年月 : 2006.7
オンライン書店ビーケーワン:美しいキラル 4


題名:ウツクシイキラル 作者:マエダタマコ ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「陰陽師12,13」

「陰陽師12,13」
陰陽師 12 天空 (Jets comics)
陰陽師 13 太陽 (Jets comics) 岡野 玲子著 夢枕 獏原作 出版 : 白泉社
完結した際に買っては置いたのだけれど、なかなか読む時間がとれなくて。&だんだんオカルト(本来的な意味で)について行けなくて。 八百比丘尼で締めたのか。祝………………………  別窓で開く


陰陽師 12 天空 (Jets comics)
岡野 玲子著 夢枕 獏原作
税込価格 : \860 (本体 : \819)
出版 : 白泉社
ISBN : 4-592-13222-X 発行年月 : 2005.8
オンライン書店ビーケーワン:陰陽師 12

陰陽師 13 太陽 (Jets comics) ISBN : 4-592-13233-5 発行年月 : 2005.10
オンライン書店ビーケーワン:陰陽師 13


題名:オンミョウジ 作者:オカノレイコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ヒストリアン」1,2

ヒストリアン1,2
謎(「竜」が「吸血鬼」であること)は割とすぐにわかります。 なんで最後はインディジョーンズみたいに対決させて人間の勝利でおわらせるかなあ。それが残念。(あからさまには表に出てこない)影に怯えつつ居る………………………別窓で開く

ヒストリアン
エリザベス・コストヴァ著 高瀬 素子訳
出版 : 日本放送出版協会
ISBN : 4-14-005493-X(1) 発行年月 : 2006.2

オンライン書店ビーケーワン:ヒストリアン 1


題名:ヒストリアン 作者:コストヴァ、エリザベス ジャンル:歴史 メディア:単行本 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書「トレイン☆トレイン」1-3

「トレイン☆トレイン」1-3 
珍しい、駅(員さん)少女漫画。 主人公は新入駅員さんで、容姿も性格もかわいらしい男の子。 かわいらしさで世間を渡っていくこともできるのかも知れない。

トレイン☆トレイン 1 (Wings comics)
影木 栄貴著 税込価格 : \546 (本体 : \520)
出版 : 新書館 サイズ : B6判 / 123p ISBN : 4-403-61688-7 発行年月 : 2002.10
オンライン書店ビーケーワン:トレイン☆トレイン 1
トレイン☆トレイン 2 (Wings comics) ISBN : 4-403-61729-8 発行年月 : 2003.10
オンライン書店ビーケーワン:トレイン☆トレイン 2
トレイン☆トレイン 3 (Wings comics) ISBN : 4-403-61787-5 発行年月 : 2005.5
オンライン書店ビーケーワン:トレイン☆トレイン 3


題名:トレイントレイン 作者:エイキエイキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書「パニックの手」

「パニックの手」
おもしろいんだけど、長編の方がもっとおもしろい気が。

パニックの手 (創元推理文庫)
ジョナサン・キャロル著 浅羽 莢子訳
税込価格 : \756 (本体 : \720) 出版 : 東京創元社
サイズ : 文庫 / 285p ISBN : 4-488-54709-5 発行年月 : 2006.5
オンライン書店ビーケーワン:パニックの手

題名:パニックノテ 作者:キャロル ジョナサン ジャンル:ミステリー メディア:文庫 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「週末は「婦唱夫随」の宝探し」

「週末は「婦唱夫随」の宝探し」  
時折BE-PALで見ていました。ああ、いいだんな様を持ったのね……だけではなくて、長年の周到ながんばりが必要なのね。 私も人が群れているような、有名な採石場に行ってみたいなあ……私が行ったことがあ……………………… 別窓で開く   


週末は「婦唱夫随」の宝探し 宝石・鉱物採集紀行
辰尾 良二著 辰尾 くみ子著
税込価格 : \1,680 (本体 : \1,600)
出版 : 築地書館 サイズ : B6判 / 237p ISBN : 4-8067-1332-5 発行年月 : 2006.7


オンライン書店ビーケーワン:週末は「婦唱夫随」の宝探し

題名:シュウマツハフショウフズイノタカラサガシ 作者:タツオリョウジ 作者:タツオクミコ ジャンル:理科 メディア:ソフトカバー 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »