« 読書「レナード現象には理由がある」   | トップページ | 手始めはやっぱりerotic画像? »

2006年9月 4日 (月)

映画「猟奇的な彼女」

猟奇的な彼女

ヒット作だったのは知っていましたが、映画館では見なくって、そのままになっていました。こないだ日直の残り番のつれづれに見たら、おもしろかった。切れ切れにしか見られなかったのですが、それでもおもしろかった。主人公の男子は大学生で、地下鉄で美人と知り合う……すごいシチュエーションで。酔っぱらってゲロはいてひっくりかえった彼女をイヤイヤながら介抱する羽目になって……その彼女がすごい。美人なんだけど、口は悪いし暴力的だし天衣無縫で正義漢で……魅力的。
さて、この主人公、のび太君なのね(映画ののび太君)。癒し系の男の子。癒しが必要な人を知ることができて、必要な癒しを与えることができる。ま、恋のなせる技かも知れないけれど……

|

« 読書「レナード現象には理由がある」   | トップページ | 手始めはやっぱりerotic画像? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/11757267

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「猟奇的な彼女」:

« 読書「レナード現象には理由がある」   | トップページ | 手始めはやっぱりerotic画像? »