« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

読書「残花亭日暦」

「残花亭日暦」

週刊アスキー(10月~11月のどの号か)の書評でみかけて頼みました。ちょうど朝の連続テレビ小説で「芋たこ南京」やってますし、最近田辺聖子のエッセイも読んでないな~、なんて思って。 「芋たこ南京」は評判がいいんですってね。朝ドラ……………………… 別窓で開く

残花亭日暦 (角川文庫) 田辺 聖子〔著〕
税込価格 : \500 (本体 : \476)
出版 : 角川書店 サイズ : 文庫 / 269p ISBN : 4-04-131434-8
発行年月 : 2006.7
オンライン書店ビーケーワン:残花亭日暦

題名:ザンカテイニチレキ 作者:タナベセイコ ジャンル:エッセイ メディア:文庫 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

映画「アタゴオルは猫の森」

米沢まで映画を見に行ってきました♪
近場でやるかな~と思ってたら予定がないみたいで。ま、ますむらひろしの出身地で見るのも一興でしょう。

おもしろかったです♪
頭の中で音楽がぐるぐる回っています。
ヒデヒデヒデコ♪ ヒデヒデヒデヨシ♪
べにまぐ~ろ最高♪

映画館のポスターに、ますむらひろしのサインがしてありました。
米沢はたいてい車で行くのですが、今回は市民バス(ますむらひろしのイラストバス)に乗るために、JRで。
バス停はサティ前、映画館の真ん前です。行きは時間の都合で駅からタクシーでしたが、帰りは青いバスに乗って駅まで。なみかた羊肉店で義経焼き買って、駅前で米沢ラーメン(古い小さい店だったけど麺もスープもおいしかった)食べて帰りました。

オンライン書店ビーケーワン:ヒデヨシのおもちゃ箱
(映画の画像は出せなかったのでこの書影を)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土大根

まいねさんのところで大根が話題になっていました。そのなかでも、徒然草に、大根好きがいて毎朝2本ずつ食べていたという……焼き大根って何よ、というのと、2本も食えるか、というのが皆様の興味を引いたようで。

原典に当たってみましたら、「土大根」を「二つ」「焼きて」のようなんですが。この「二つ」は、2本なんでしょうか?2本、と訳しているところが多いようですが、そのまま二つ、としてるところと、ふたきれ、と訳しているところがありました。「日本古代食事典」によれば、土大根(大根の異名、土深く根を伸ばすところからこのように呼ばれる場合があった、と書かれています。ということは、泥付き大根の意味ではないのね)の項にちょうど徒然草のこの部分がひいてあって、二つを、2本でなく、ふたきれ、と訳しています……さらに、焼くぐらいなら、生に近いから、ジアスターゼの働きで胃腸によいと書かれています。でも私としてはしっかり火を通して欲しい。

ちなみに焼きだいこんという精進料理を紹介しているお寺さんのHPがありました。
三井寺・精進料理・焼きだいこん他
これは油焼き~揚げ煮してみそをつけてます。ただ、毎朝となるとちょっとくどいのでは?

もちっとあっさりと、蒸し焼きなんてどうでしょうね?
焼く、には、直火のあぶり焼きの意味もあるけれど、蒸し焼き、(例えば焼き芋)も、直火じゃないけど「焼き」でしょう?
(何を使ったのかわからないけれど、焙烙かなんかで)焼き芋みたいに蒸し焼きにして(書いてないけど味噌のたれをつけて)食べたのでは?これだったら、ふろふきじゃないけれど、けっこう似た味よね?
で、ふたきれなら、軽いよね?たれも、みそや醤油や、いろいろありよね?

先日はうちもふろふき大根。子供たちには「きつね森の山男」以来のあこがれの料理?だそうで、でもそのわりには以前作った時は評判がイマイチでした。でも、今年から、教わったごまみそを添えるようにしたら、大好評を博するようになりました。大根とこんにゃくと豆腐と。みそがどんどんはけるようになって、まるで坂田靖子の味噌好きの主従(珍見異聞、芋の葉に聞いた話に収載)のようだわ……

オンライン書店ビーケーワン:日本古代食事典


| | コメント (3) | トラックバック (0)

展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」

文化の日を含む3連休に、東京へ行って国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館見てきました。混んでました~!でも見ることが出来てよかった~!
上・中・下巻すべてが、複製でなく実作品で展示される期日、土曜日(の午後)、最終日間近、と、混むのが当たり前みたいな時に行ったのですが、だってその日しか上京できる日がなかったんだもの……それだってようやくひねり出したのよ。

さて、閉館時間は5時。最終入館時刻は4時半。私がなんとか美術館の入っている建物の前に着いたのは4時。建物の前にも数人いて、美術館にあがるエレベーターの前にも10人ぐらい人がいて、うわ~これは入館自体もタイムアウトかしら?と思ったら、それは違ったんですけれど……エレベーターの前に美術館の人がいて、こんなふうな説明をしていました。

ただ今大変混み合っておりまして、絵巻の前にたどり着くまで60分待ちの状態です。最悪の場合、入館いただいても、絵巻物の前に着く前に閉館時刻になる可能性があります。その辺をお含み置きの上、御入館下さい。

それで、どうしようかなあ、と、入り口付近で待ってた人が多かったみたいです。実際、帰っていく人もいました。
でも私は、この日見られなかったらあと来られないので、見られなかったら見られないでしょうがないからとにかく入ってみよう、と、エレベーターに乗りました。

チケット売り場や入場口自体は、別に人が溜まっているわけではありません。でも会場にはいると、列がびしっと詰まっていて、動きません(^_^;)整列のためのテープポールがずっとまわしてあって、その内側の列が全然進まないのです。4時半まで待ちましたが、ほんのちょっと進んだだけ。

お急ぎの方は後から見ていただいてもけっこうです~との警備員の声がけに、全然見られないで終わるよりはいいかと、テープポールの外側に出て、並んでいる人の隙間から見るようにしました。少し遠くからにはなりますが、人の列も一列なので、頚のあたりにちょうど隙間ができるんですね。大きな一枚絵の鑑賞だとどうかと思いますが、絵巻はもともと少しずつ広げてみるものだからなのでしょうか、ちょっとずつ見ていくのもそんなに気になりませんでした。人と人とびっちりくっつきあいながらじゃなくて、自分のペースで見られましたし。

そうやって最後まで見て、その後で、もうすいてきた上巻の前に行って、じっくり見ていきました。(結局じっくり見るのは中巻までで時間切れになってしまいました。残念)
炎上の様子、役所でおしらべを受ける男のうなだれた首筋の、鬢のほつれ、泣き叫ぶ、あるいは喜ぶ女房達、例の、子供の喧嘩……

登場人物を等身大に引き延ばしたコーナーもありました。こんなに拡大しても絵が乱れないのはすごいですね。

伴大納言絵巻は、絵やストーリーだけでなく、隠された意図(伴大納言の名誉回復)があったのではないかという話も出されていましたが、そういうのもあったのかもしれない……と思いました。

ほんと、見ることが出来てよかったです。無理しただけのことがありました。下巻がじっくりながめられなかったのは少しばかり心残りですが、それでも15分の開館時間の延長もありましたし(じゃなかったら上・中巻も近くで見ることはできなかったでしょう)またの機会を残しておくのも、楽しみがあってよいかと♪

いかに参考図書を
オンライン書店ビーケーワン:思いっきり味わいつくす伴大納言絵巻オンライン書店ビーケーワン:謎解き伴大納言絵巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

インフルエンザワクチン、とか

先週末からこっち、なんだかばたばたでネットにつなげないでいました。(´ヘ`;)ハァ
今日は体調も戻ったので懸案だったワクチンを打ちました。これでまた体調が悪くなるかと思うとがっかりです。
でも、ワクチン打たないでいてインフルエンザにかかることを思えばね……
明日は米沢まで映画「アタゴオルは猫の森」を見に行く予定。近場でやるかな~と思ってたんだけど、予定がないみたいなので。せっかくだからJRで行って市民バスアタゴオル号にも乗ってみようかな?
ますむらひろしのイラストがば~んとついているやつ。見たことはあるんだけど、乗ったことはないのよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

読書「SF魂」

「SF魂」
著者近影が、病み上がりの猫のようだ…… 今、SFは、小説や漫画やアニメなどに、空気のようにどこにでも存在している。ことさらSFSFと騒ぎ立てるほどのことのないものになってしまった。懸命にSFに市民権を得させようとがんばってきたブルドーザーと………………………別窓で開く

SF魂 (新潮新書)
小松 左京著
税込価格 : \714 (本体 : \680) 出版 : 新潮社
サイズ : 新書 / 191p ISBN : 4-10-610176-9 発行年月 : 2006.7

内容説明
私が日本を沈没させました…。「日本沈没」でベストセラー作家となった日本SF界の巨匠が語る、その黄金時代、創作秘話、SFの真髄。今なお輝きを失わない作品群は、どのような着想で生まれたのか。波瀾万丈のSF半生記
オンライン書店ビーケーワン:SF魂

題名:エスエフコン 作者:コマツサキョウ ジャンル:エッセイ メディア:新書 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「不死鳥(フェニックス)のタマゴ」 3

「不死鳥(フェニックス)のタマゴ」 3

  ちゅんちゅん……

不死鳥(フェニックス)のタマゴ 3 (あすかコミックスDX) 紫堂 恭子著 税込価格 : \546 (本体 : \520) 出版 : 角川書店 サイズ : B6判 / 173p ISBN : 4-04-853981-7 発行年月 : 2006.8 オンライン書店ビーケーワン:不死鳥(フェニックス)のタマゴ 3

題名:フェニックスノタマゴ3 作者:シドウキョウコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

読書「ハチミツとクローバー」1-5

「ハチミツとクローバー」1-5

美大生青春群像劇

読んでてついうっかり、涙ぐんでしまった。自分、へこんでちゃだめじゃん。がんばれるか?がんばれるよな?がんばれ。

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス ヤングユー)
羽海野 チカ著
税込価格 : \420 (本体 : \400) 出版 : 集英社
サイズ : 新書 / 184p ISBN : 4-08-865079-4 発行年月 : 2003.3
オンライン書店ビーケーワン:ハチミツとクローバー 1

題名:ハチミツトクローバー 作者:ウミノチカ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

かわらひわ

かわらひわ、だと思います、を見ました。
スズメ?と思ったら、飛ぶところが、黄色いラインがきぱっとしてて、ちょうど先週のモーニングのとりぱんでよんだばかりのかわらひわのような。
近所のひまわりを植えていた後の地面でスズメと一緒にぴょんぴょんしていました。
ただ、サイズがスズメと同じぐらいに見えたのよ。とりぱんにはスズメよりちょっと小さく、って書いてあったんだけれど……???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダボ、もしくは未履修問題

娘が本棚を作るので、板を買って欲しいと。学校の教材では間に合わないようなでかい本棚を作るのか~?と思いましたが、まあ、近所のDIYショップに行きました。板はよかったのですが、可変式の棚によくついている、支えになっている、ねじじゃなくて、金具みたいな奴?あれも買って欲しいというの。アンタ穴は開けられるの?ときくと、先生が、穴を開ける道具を持っているから大丈夫って言ってた、というのね。で、板のあたりを見ても、それらしいのが売ってない。売り場の人にききましたが、名前がわからないので、売り場の人もなんだかわからない……売り場の人をカラーボックスとか収納家具売ってるところに連れて行って、これなんです、というと、ああ、「ダボ」ですね、と。「ダボ」という名称のものであるのがはじめてわかりました(^_^;)

ええ、私、技術科は小学校の知識しかございません。当時、中学高校では女子は家庭科、男子は技術科を履修することになっていました。
さて未履修問題がとりざたされています。私が高校生の頃、先生が、女子は家庭科が必修だから、その分男子より受験科目の履修時間が少なくなるんだよなあ、と言ってたことを思い出しました。当時、中学高校では女子は家庭科、男子は技術科を履修することになっていました。先生の話からすると高校では男子の技術科は必修ではなかった、ようです。で、今、中学では技術家庭科は、男女の別のない必修科目となっています。(高校はちょっとわかりませんが)なんで、中学生は女子も木工やるんですね。設計、製図から(と言ってました)
技術や家庭科の知識は、あったほうがいい。物の名前がわからなくては、買い物一つ、スムーズにできないじゃないか……

| | コメント (4) | トラックバック (0)

読書「ハマースミスのうじ虫」

「ハマースミスのうじ虫」
謎の脅迫者。払えないほどの金は請求せず、脅迫する事柄は真実でもうそでもかまわない。脅迫される側が金を払わざるを得ない状況になるならば。けして尻尾を出さず、破産させてしまうほどの金は請求し………………………別窓で開く

ハマースミスのうじ虫 (創元推理文庫)
ウィリアム・モール著 霜島 義明訳
税込価格 : \819 (本体 : \780)
出版 : 東京創元社 サイズ : 文庫 / 333p ISBN : 4-488-16102-2 発行年月: 2006.8
オンライン書店ビーケーワン:ハマースミスのうじ虫

題名:ハマースミスノウジムシ 作者:モール ウィリアム ジャンル:ミステリー メディア:文庫 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「トゥルーデおばさん」

「トゥルーデおばさん」
ネムキで読んではいるんだけど、まとめて読むとまた感じが違う。 軽いノリの美女と野獣とか、ラプンツェルとか……

トゥルーデおばさん (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) グリムのような物語
諸星 大二郎著
税込価格 : \800 (本体 : \762) 出版 : 朝日ソノラマ
サイズ : A5判 / 252p ISBN : 4-257-90546-8 発行年月 : 2006.2
オンライン書店ビーケーワン:トゥルーデおばさん


題名:トゥルーデオバサン 作者:モロボシダイジロウ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


| | コメント (1) | トラックバック (0)

読書「手塚治虫原画の秘密」

「手塚治虫原画の秘密」
手塚治虫の原画がすげえきれいだ、というのは石坂啓が何かで書いていて、ふ~んとおもったことがある。もちろん下手だ、とおもっていた訳ではないのだけれど、とりたてて美しいとかかわいいとか線がかっこいいとか感じたことがなかっ………………………別窓で開く

手塚治虫原画の秘密 (とんぼの本) 手塚プロダクション編
税込価格 : \1,470 (本体 : \1,400) 出版 : 新潮社
サイズ : A5判 / 127p ISBN : 4-10-602147-1 発行年月 : 2006.9
内容説明
切り貼り、描き直し、ボツ。「漫画の神様」の苦闘の痕跡は、すべて原画に刻まれていた。門外不出のナマ原画・ボツ原稿・下描きでたどる、手塚漫画の秘密。拡大や透過光撮影で判明した数々の修正過程を初公開。
オンライン書店ビーケーワン:手塚治虫原画の秘密

題名:テヅカオサムゲンガノヒミツ 作者: ジャンル:漫画 メディア:ムック 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「魔探偵ロキ」

「魔探偵ロキ」
娘の漫画。まあこんなものかと。

魔探偵ロキ 1 (Blade comics)
木下 さくら著
税込価格 : \580 (本体 : \552) 出版 : マッグガーデン
サイズ : B6判 / 187p ISBN : 4-901926-53-5 発行年月 : 2003.6
オンライン書店ビーケーワン:魔探偵ロキ(ブレイドコミックス)

題名:マタンテイロキ 作者:キノシタサクラ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ネクロポリス」上下

「ネクロポリス」上下
おもしろかった。怖かった。ホラー。 時代や風俗はおよそ同じようだが、歴史や地理的条件が違う、どこかの地球に、死者の町アナザー・ヒルがある。日本と英国の習俗が入り交じったような不思議な国のとある島。そこにはある時期だけ、死者が現れて、………………………別窓で開く

ネクロポリス 上
恩田 陸著 税込価格 : \1,890 (本体 : \1,800)出版 : 朝日新聞社
ISBN : 4-02-250060-3 発行年月 : 2005.10

内容説明 懐かしい故人と再会できる聖地、アナザー・ヒル。死者たちを「お客さん」と呼び、温かく迎えるヒガンという祝祭空間。連続殺人、不可思議な風習、天変地異、そこに新たな事件が-。

ネクロポリス 下
ISBN : 4-02-250061-1
内容説明 「お客さん」は、何処から来て、何処に往くのか? あらゆる可能性が検証されるなか、アナザー・ヒルが変質しはじめる。証言する死者たち、地下への冒険、そしてヒガンの行方は-。『小説トリッパー』掲載に加筆して単行本化。
オンライン書店ビーケーワン:ネクロポリス 上オンライン書店ビーケーワン:ネクロポリス 下

題名:ネクロポリス 作者:オンダリク ジャンル:ホラー メディア:単行本 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「超・超・大魔法峠」

「超・超・大魔法峠」
息子のおすすめ。 魔法少女もののパロディ、絵柄はらぶりぃで内容はちょいブラック。「ガンダムさん」の作者の(ガンダムネタではない)作品。

超・超・大魔法峠 (角川コミックス・エース) マジカル血煙コミック
大和田 秀樹著
税込価格 : \567 (本体 : \540) 出版 : 角川書店
サイズ : 新書 / 1冊(ページ付なし)
オンライン書店ビーケーワン:超・超・大魔法峠

題名:チョウチョウダイマホウトウゲ 作者:オオワダヒデキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「邪魅の雫」

「邪魅の雫」
おもしろかった! 百鬼関連の短編はともかく、陰摩羅鬼がイマイチだったので、さみしかったけれど、この話はおもしろかった! 憑き物落とし、その憑き物は、普遍化されうる憑き物と、そうでない憑き物がある。そうでないと、なんだこりゃ~に………………………別窓で開く

邪魅の雫 (講談社ノベルス)
京極 夏彦著 税込価格 : \1,680 (本体 : \1,600)
出版 : 講談社
サイズ : 新書 / 817p ISBN : 4-06-182438-4 発行年月 : 2006.9

内容説明
「ひとごろしは報いを受けねばならない…」 昭和28年夏。江戸川、大磯、平
塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と発見された。警察も手を拱く中、つ
いにあの男-私立探偵、榎木津礼二郎が登場する!
オンライン書店ビーケーワン:邪魅の雫

題名:ジャミノシズク 作者:キョウゴクナツヒコ ジャンル:ミステリー メディア:新書 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

読書「のだめカンタービレ」16

「のだめカンタービレ」16  
娘の練習するピアノの音をBGMに読むのだめはとってもいいんだよう♪ と娘に言ったら、自分で弾きながら読めば、って……できるかぁ~! えんえんと、新生マルレ・オケの初コンサートに向けてのリハーサルが続きます……………………… 別窓で開く   

のだめカンタービレ 16 限定版 (プレミアムKC) 二ノ宮 知子
税込価格 : \1,000 (本体 : \952) 出版 : 講談社
サイズ : / ISBN : 4-06-362067-0 発行年月 : 2006.10.13
オンライン書店ビーケーワン:のだめカンタービレ 16 限定版オンライン書店ビーケーワン:のだめカンタービレ 16 限定版

題名:ノダメカンタービレ16 作者:ニノミヤトモコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「とりぱん」2

「とりぱん」2
結婚したての頃、アンタの作るのは麻婆どーふじゃなくて、トウガラシのきいたからい肉みそ豆腐だ、とダンナにはさんざん言われてました。私の作ってたのは豚挽肉とショウガと味噌と酒とニラと豆板醤。味……………………別窓で開く
とりぱん 2 (ワイドKC)
とりの なん子
税込価格 : \620 (本体 : \590) 出版 : 講談社
サイズ : / ISBN : 4-06-337606-0 発行年月 : 2006.9
オンライン書店ビーケーワン:とりぱん 2


題名:トリパン2 作者:トリノナンコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »