« 展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」 | トップページ | 映画「アタゴオルは猫の森」 »

2006年11月26日 (日)

土大根

まいねさんのところで大根が話題になっていました。そのなかでも、徒然草に、大根好きがいて毎朝2本ずつ食べていたという……焼き大根って何よ、というのと、2本も食えるか、というのが皆様の興味を引いたようで。

原典に当たってみましたら、「土大根」を「二つ」「焼きて」のようなんですが。この「二つ」は、2本なんでしょうか?2本、と訳しているところが多いようですが、そのまま二つ、としてるところと、ふたきれ、と訳しているところがありました。「日本古代食事典」によれば、土大根(大根の異名、土深く根を伸ばすところからこのように呼ばれる場合があった、と書かれています。ということは、泥付き大根の意味ではないのね)の項にちょうど徒然草のこの部分がひいてあって、二つを、2本でなく、ふたきれ、と訳しています……さらに、焼くぐらいなら、生に近いから、ジアスターゼの働きで胃腸によいと書かれています。でも私としてはしっかり火を通して欲しい。

ちなみに焼きだいこんという精進料理を紹介しているお寺さんのHPがありました。
三井寺・精進料理・焼きだいこん他
これは油焼き~揚げ煮してみそをつけてます。ただ、毎朝となるとちょっとくどいのでは?

もちっとあっさりと、蒸し焼きなんてどうでしょうね?
焼く、には、直火のあぶり焼きの意味もあるけれど、蒸し焼き、(例えば焼き芋)も、直火じゃないけど「焼き」でしょう?
(何を使ったのかわからないけれど、焙烙かなんかで)焼き芋みたいに蒸し焼きにして(書いてないけど味噌のたれをつけて)食べたのでは?これだったら、ふろふきじゃないけれど、けっこう似た味よね?
で、ふたきれなら、軽いよね?たれも、みそや醤油や、いろいろありよね?

先日はうちもふろふき大根。子供たちには「きつね森の山男」以来のあこがれの料理?だそうで、でもそのわりには以前作った時は評判がイマイチでした。でも、今年から、教わったごまみそを添えるようにしたら、大好評を博するようになりました。大根とこんにゃくと豆腐と。みそがどんどんはけるようになって、まるで坂田靖子の味噌好きの主従(珍見異聞、芋の葉に聞いた話に収載)のようだわ……

オンライン書店ビーケーワン:日本古代食事典


|

« 展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」 | トップページ | 映画「アタゴオルは猫の森」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

   これは貴重な調査結果を拝見しました。なるほどな~。日本語はジョスーシが発達してるとか言いながら、こんな所に落とし穴。二切れなら食べられます♪ でも、ここからわたしがエンエキして作りたいのは学園ラブコメなので、ここは受けを狙う為にも、美少女に朝からもりもり二本食べて貰いましょう。うふ♪
   焼き大根についても詳しい調査ありがとうございました。ナルホドなあ。また挑戦してみます。

投稿: まいね | 2006年11月26日 (日) 14時03分

はじめまして、まいねさんのとこから旅してきました。きつね森の山男、以来風呂吹き大根が憧れだった、というところが同じで、感動して思わずメールします。
大根、うちでは大根もちが今年のヒットメニューです。

投稿: きつね森の山男 | 2007年1月24日 (水) 15時51分

はじめまして。「きつね森の山男」おもしろかったですよね~。
ぬくぬくじゃぞよ♪

息子のお弁当のおかずには、さっと作れる大根のひきないりが人気です。おでんの大根をごろんと一個入れてやったら不評でした……チャーハン弁当だったので、おかずが思いつかなかったの。

投稿: とむ影 | 2007年1月26日 (金) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/12827538

この記事へのトラックバック一覧です: 土大根:

« 展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」 | トップページ | 映画「アタゴオルは猫の森」 »