« 読書「SF魂」 | トップページ | 展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」 »

2006年11月22日 (水)

インフルエンザワクチン、とか

先週末からこっち、なんだかばたばたでネットにつなげないでいました。(´ヘ`;)ハァ
今日は体調も戻ったので懸案だったワクチンを打ちました。これでまた体調が悪くなるかと思うとがっかりです。
でも、ワクチン打たないでいてインフルエンザにかかることを思えばね……
明日は米沢まで映画「アタゴオルは猫の森」を見に行く予定。近場でやるかな~と思ってたんだけど、予定がないみたいなので。せっかくだからJRで行って市民バスアタゴオル号にも乗ってみようかな?
ますむらひろしのイラストがば~んとついているやつ。見たことはあるんだけど、乗ったことはないのよ。

|

« 読書「SF魂」 | トップページ | 展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 うちの近所の内科医院にも「インフルエンザはじめました」の掲示が(わたしには冷やし中華と同じ感覚です)。
 正しくは「予防注射予約」が入りますが。
 やっぱ打たないと大変ですかね? うちは軽い風邪は毎年かかるけどインフルエンザは……そうか、去年致命的なところでやってくれたな。やはり受けとくにこしたことはないでしょうかね?
 注射代を捻出しなければならないのが痛いところです。
 最近は学校で一斉にはしないの?
 でも、この授業時間の足りないご時世では、2,3学期の時間の押してるとこで授業を抜け出して注射を打ちに出られるのは痛いかな。

投稿: まいね | 2006年11月23日 (木) 14時48分

本日行ったら、もう「予防接種」はじめましたになってました。12月上旬までに受けるのがベストですって? はやく決断しなきゃ……。

投稿: まいね | 2006年11月24日 (金) 12時51分

昔は学校での一斉予防注射が行われていましたが、最近は個別注射です。理由の一番は副作用が起こったときの安全対策のため。だから、個々人のそのときの体調を見て、かかりつけ医で注射をしましょうね、ということになってるんですね。そのほかにも、学校というインフルエンザが蔓延しやすいところを予防注射でブロックしておこうという、社会的意味での防疫の意義が薄れたとか、いろいろ理由はありますが。

現在インフルエンザワクチンを打つ意味は個人防衛なので、どうするかは個々人の状況如何です

私10年以上前になりますが、入院するようなひどいインフルエンザに罹ったことがあるんです。これは年寄りは死ぬな、と思いました(^_^;退院した後も1ヶ月はふらふらしてました……
で、あんなひどい思いをするのなら、ワクチン打とうと決心したのです。リスクも高いし。それが私が基本的に毎年インフルエンザワクチンを打つ理由です。
ちなみに去年は受験生がいたので家族全員でワクチンを打ちました。今年は子供たちには打つつもりですが、ダンナにはあんたの好きにして、と言ってあります。子供たちに打つ理由は、学校はインフルエンザがはやる場所である、ということと、倒れられると看病が大変だからという理由ですね。来年はどうしようかな。再来年は受験だからやっぱり打つかな。

インフルエンザのワクチンは、打っても必ず効くわけではありません。打たなければ必ずインフルエンザに罹るわけでもありません。今は抗インフルエンザ薬もあります。
痛いしお金もかかるし有効期間も短いし、副反応が出ることもそれなりにあるし、ごく稀に副作用が出ることもあります。病院に行く手間もかかります。
ただ、罹りにくくなるし、罹っても軽くすむといわれています。その辺メリットデメリットを考え合わせて、さて?

毎年打つかどうかはともかく、まいねさんとこは今シーズンは3月に引っ越しが控えてるんでしょ?そんときに総崩れになったら大変よ?

投稿: とむ影 | 2006年11月26日 (日) 09時49分

 引っ越し! そうだ、それがあるんだった……。予約行ってきます。

投稿: まいね | 2006年11月26日 (日) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/12785888

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザワクチン、とか:

« 読書「SF魂」 | トップページ | 展覧会「国宝 伴大納言絵巻展 - 出光美術館」 »