« 読書「おせん」12 | トップページ | 読書「日本古代食事典」 »

2007年1月23日 (火)

読書「卑弥呼の食卓」

「卑弥呼の食卓」
弥生の食卓ですな。 寄生虫考古学の話(トイレ考古学だね!)と

卑弥呼の食卓
金関 恕監修 大阪府立弥生文化博物館編
税込価格 : \2,520 (本体 : \2,400) 出版 : 吉川弘文館
サイズ : 四六判 / 233,4p ISBN : 4-642-07758-8 発行年月 : 1999.8

内容説明
ふだんなにげなく口にしているコメが、食卓の主役になった弥生時代。ご飯とおかず の食事スタイルや豊作を祈る祭りが始まった。発掘された食材や食器、イネの遺伝子、トイレ遺構の最新研究から、弥生の食文化を再現する。
オンライン 書店ビーケーワン:卑弥呼の食卓

題名:ヒミコノショクタク 作者: ジャンル:食 ジャンル:歴史 ジャンル:社会  メディア: 

|

« 読書「おせん」12 | トップページ | 読書「日本古代食事典」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/13631016

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「卑弥呼の食卓」:

« 読書「おせん」12 | トップページ | 読書「日本古代食事典」 »