« 読書「ソフィアの正餐会」 | トップページ | 読書「小さな刺し子」 »

2007年2月 7日 (水)

読書「神の子(イエス・キリスト)の密室」

「神の子(イエス・キリスト)の密室」  
こう来るか。
はじめ、エジプトの通商団がエルサレムに来て、というのの説明のあたり、現代の話かと思ってしまった。漢語が多いせいなんだろう。ということは(1人称なので)それを使う人間の意識も現代人に近……………………… 別窓で開く  

神の子(イエス・キリスト)の密室 (講談社文庫)
小森 健太朗〔著〕
税込価格 : \620 (本体 : \590) 出版 : 講談社 サイズ : 文庫 / 272p
ISBN : 4-06-273795-7 発行年月 : 2003.7

内容説明
キリストの復活に驚愕のトリックがあった! 数年の布教を経て「神の子」と呼ばれたイエス・キリスト。十字架に架けられ、封印された洞窟から生還した救世主の奇蹟を本格推理の英才が解く長編歴史ミステリー。
オンライン書店ビーケーワン:神の子(イエス・キリスト)の密室

題名:カミノコノミッシツ 題名:イエスキリストノミッシツ 作者:コモリケンタロウ ジャンル:ミステリー メディア:文庫 

|

« 読書「ソフィアの正餐会」 | トップページ | 読書「小さな刺し子」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

とむ影さんの感想を読んでおもしろそう、と思い読んでみました。私は不整合はあまり感じず、ミステリとしてはまあいいかなと思いました。感想はトラバしました。

投稿: アマサイ | 2007年2月19日 (月) 09時33分

TBありがとう~。

>主人公が知的好奇心でイエスに関する調査をするというのはわかるのですが、信仰に傾くまでの描き方は浅い気がしました。

わたしもね、ちょっとそう思ったのよ。

投稿: とむ影 | 2007年2月20日 (火) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/13822727

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「神の子(イエス・キリスト)の密室」:

» 書談:小森健太朗『神の子の密室』 [アマチュアサイエンティスト]
■『神の子(イエス・キリスト)の密室』 著者:小森 健太朗 価格 : \620 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 09時31分

« 読書「ソフィアの正餐会」 | トップページ | 読書「小さな刺し子」 »