« 読書「一握の砂・悲しき玩具」 | トップページ | 読書「雪の断章」 »

2007年6月28日 (木)

読書「大聖堂」

「大聖堂」
いい、といわれて読んで、たしかにいいんだけど、どうも居心地が悪い……こころの逆むけをいじられているような。今回読んで、ハッピーエンドが少ないからなのかもしれない、と思った。

大聖堂 (村上春樹翻訳ライブラリー)
レイモンド・カーヴァー著
村上 春樹訳

税込価格 : \1,365 (本体 : \1,300)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 新書 / 431p
ISBN : 4-12-403502-0
発行年月 : 2007.3

内容説明
一級の文学としての深みと品位をそなえた粒ぞろいの名篇を収録した、成熟期の
風格漂う、レイモンド・カーヴァーの短編集。表題作に加え、「ぼくが電話をかけて
いる場所」「ささやかだけれど、役にたつこと」ほか全12編収録。


ダイセイドウ 作者:カーヴァー レイモン小説 新書

|

« 読書「一握の砂・悲しき玩具」 | トップページ | 読書「雪の断章」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/15584542

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「大聖堂」:

« 読書「一握の砂・悲しき玩具」 | トップページ | 読書「雪の断章」 »