« 読書「WILD CATS」 | トップページ | 読書「逡巡という名のカノン」 »

2007年6月29日 (金)

読書「ブラックジャック」

「ブラックジャック」
たぶん全巻読んではいるはずだけど、この間金沢出張の夜に1巻から続けて読破。印象深い話、忘れていた話、読んでも思い出せない話……手塚治虫ってストーリーなんだよねぇ。もしかすると、「たまたま」ものすごく絵もうまかった、というわけで。


ブラックジャック全巻
(手塚治虫漫画大全集DVD)(書影はDVDのもとになった講談社の手塚治虫全集から)
手塚 治虫著



題名:ブラックジャック 作者:テヅカオサム ジャンル:漫画 メディア:DVD 

|

« 読書「WILD CATS」 | トップページ | 読書「逡巡という名のカノン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

たまたま、絵が、とはとむ影さんもおっしゃいますなあ(^_^;)
確かに手塚治虫先生は、アイデアは売るほどあると、晩年に公言していて、萩尾望都が、ストーリーが浮かばない時はどうすれば、という問いに、「えっ、どうして?(ストーリーなんていくらでも思いつくじゃない)」と驚かれたとか。
あの世代の方々がやりたかったのは映画ですからね。それもプロジューサー、監督、脚本、演出、ちょい役出演の全部ですものね。まあ、資金収集能力にも長けていればそれも可能だったかもしれない。

投稿: アマサイ@科学の星 | 2007年7月 2日 (月) 10時12分

絵が、ものすごくうまいんですよ、もちろん。中学生の頃に描いた昆虫手帳なんて、とんでもないです。(この間戦災復興記念館で実物展示をしていたので見てきました。すごかった!!)
なんですけれど、彼は、自分の絵の上手さにあまり重きを置いていなかったような気がするのです。上手すぎるから、かえって、自分では大事にしない???
絵の上手い漫画家って、絵を生かすためにいろいろしたりすると思うんですが、彼はそういう漫画の作り方をしていないような気がします。あくまでストーリーを生かすために自分の絵があるとおもっていたのかしら?

投稿: とむ影 | 2007年7月 5日 (木) 17時20分

ふーむ。私は「大事にしない???」というよりむしろ自在に使っているという気がしますが。この時代の漫画を志す人って、「美術」から入るけど、手塚さんの場合は、映画だったんだと思います。映画を一人でやれる媒体があるじゃないか、みたいな。それを自覚してらしたかどうかはわかりません。
ところで、昨晩の私の夢にとむ影さんが出演していました(^^;)。なぜか東京駅で倒れているところを私が救い出すのですが。。。
お体には気を付けてください。>me, too

投稿: アマサイ@科学の星 | 2007年7月 6日 (金) 17時35分

そうそう、自在に使っている、漫画を生かすための道具として使っている、ということでしょうか。

東京駅で倒れている>>>>

先週末は心も体も疲れはてていました。

「泣くもんか!(;_q))クスン」と家の片付けをしていました。

土曜日の午前中、仕事だったダンナを置いて子供たちとシュレックを見に行ってしまったのが多分ダンナの機嫌をそこねた原因なんだろうけれども……
午後から部屋の中の整理を始めた私に対して、
「勝手にもの捨てるな」と怒り、処分していいかと聞けば、「口を開けば俺のモノを捨てる話ばかりだ」と怒り、片付けの仕方が悪いと怒り、かといって手伝ったり自分で片付けようともしないで……
そんなダンナに怒ってもしょうがないと口をつぐみ、「泣くもんか!(;_q))クスン きれいにして見返してやる!」と黙々と片付けを続けましたよ。

おかげで家の中はきれいになりましたとも!ええ!あともう少しです!

投稿: とむ影 | 2007年7月 9日 (月) 21時47分

 な、泣かないで。うちは結局リアルハウルの城だった台所は旦那様が片付けてくれました。反省。彼は自分の女運の悪さについてしみじみ考えることはないのでしょうか。

投稿: まいね | 2007年7月10日 (火) 01時38分

うん、ちょっと愚痴も聞いてもらったし、泣かないもん!

ちなみに片付けていたのは8割方ダンナの物です。私は判断が付く自分の物はもう処分してしまっていたのよ。

昨日TVをリサイクル法に則って処分してもらい(処分するのに4000円近くかかるのね!でもむかしのTVはリサイクルショップでも引き取ってもらえないし)
今日燃えるゴミの日でゴミや書類やvideotapeをだしました。夕方またブックオフに行きます。
明日は不燃ゴミの日で、あさっては粗大ゴミの収集(なので壊れた衣類乾燥機をもってってもらいます。

投稿: とむ影 | 2007年7月10日 (火) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/15594132

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「ブラックジャック」:

« 読書「WILD CATS」 | トップページ | 読書「逡巡という名のカノン」 »