« 読書 「ミミズクと夜の王」 | トップページ | 読書「永遠の野原」 »

2007年7月 6日 (金)

読書「黎明の王白昼の女王」

「黎明の王白昼の女王」
最後の種明かしも何もかも、だから何、と言う気が。

黎明の王白昼の女王 (ハヤカワ文庫 FT)
イアン・マクドナルド著
古沢 嘉通訳

税込価格 : \1,029 (本体 : \980)
出版 : 早川書房
サイズ : 文庫 / 603p
ISBN : 4-15-020203-6
発行年月 : 1995.2

内容紹介
15歳の少女エミリーはケルトの妖精世界に憧れ、妖精王と結ばれることを夢見ていた。ある日、そんな彼女の前に、本物の妖精が現れ、エミリーの日常はすこしずつ狂いはじめてゆく……。現代イギリスSF・ファンタジイ界を代表する作家マクドナルドが綴るモダン・ファンタジイ。

題名:レイメイノオウハクチュウノジョオウ 作者:マクドナルド イアン ジャンル:ファンタジー メディア:文庫 


|

« 読書 「ミミズクと夜の王」 | トップページ | 読書「永遠の野原」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/15671049

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「黎明の王白昼の女王」:

« 読書 「ミミズクと夜の王」 | トップページ | 読書「永遠の野原」 »