« 読書「コンスタンティノープルの陥落」 | トップページ | 読書「放課後の国」 »

2007年12月13日 (木)

読書「遠まわりする雛」

「遠まわりする雛」
おもしろかった!「古典部」の4作目。
校内放送の話も新年の話もいい。でもやはりチョコレートの話、そして書籍タイトルにもなっている「遠まわりする雛」が秀逸。今大人になっていく高校生ならではのミステリーなのだもの。
氷菓から一盞の別れが浮かんだけれど、………………………別窓で開く

遠まわりする雛
米澤 穂信著
税込価格 : ¥1,470 (本体 : ¥1,400)
出版 : 角川書店
発売 : 角川グループパブリッシング
サイズ : 20cm / 354p
ISBN : 978-4-04-873811-8
発行年月 : 2007.10

内容説明
神山高校で噂される怪談話。放課後の教室に流れる奇妙な校内放送。摩耶花が作ったチョコの消失事件−。「省エネ少年」折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の謎。入部直後から春休みまでの1年間を描いた短編集。


題名:トオマワリスルヒナ 作者:ヨネザワホノブ ジャンル:ミステリー メディア:ソフトカバー 


|

« 読書「コンスタンティノープルの陥落」 | トップページ | 読書「放課後の国」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/17357452

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「遠まわりする雛」:

« 読書「コンスタンティノープルの陥落」 | トップページ | 読書「放課後の国」 »