« 読書「おおきく振りかぶって Vol.9」 | トップページ | 生誕100年 東山魁夷展 | 2008年3月29日(土)~5月18日(日) 東京国立近代美術館 »

2008年4月 7日 (月)

読書「探偵ガリレオ」

「探偵ガリレオ」

世の超常現象は全て科学で説明がつく……とばかりでもないのだが、科学で探偵をする「探偵ガリレオ」シリーズ

探偵ガリレオ 文春文庫
東野 圭吾著
税込価格 : ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : 文芸春秋
サイズ : 16cm / 330p
ISBN : 4-16-711007-5
発行年月 : 2002.2




予知夢 文春文庫
東野 圭吾著
税込価格 : ¥490 (本体 : ¥467)
出版 : 文芸春秋
サイズ : 16cm / 270p
ISBN : 4-16-711008-3
発行年月 : 2003.8



題名:タンテイガリレオ 題名:ヨチム 作者:ヒガシノケイゴ ジャンル:ミステリー メディア:文庫 


|

« 読書「おおきく振りかぶって Vol.9」 | トップページ | 生誕100年 東山魁夷展 | 2008年3月29日(土)~5月18日(日) 東京国立近代美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

『ガリレオ』おもしろかったですか?私の中の東野作品ではそんな評価が高くないんですが。現実性のあるトリックというとああなるのかな、てな感じ。ドラマ化のとき、大学や高校の教員の人達が、物理がドラマになるって騒いでいたけど。まあ、アレが好評だったから、『容疑者X』が映画化になるわけで。ふ~む、東野圭吾作品というデコレーションケーキの砂糖細工って感じかな。けして貶しているわけではありません。

投稿: アマサイ | 2008年4月 8日 (火) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/40803790

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「探偵ガリレオ」:

« 読書「おおきく振りかぶって Vol.9」 | トップページ | 生誕100年 東山魁夷展 | 2008年3月29日(土)~5月18日(日) 東京国立近代美術館 »