« 読書「〈本の姫〉は謳う1、2」 | トップページ | 読書「あしながおじさん 続」 »

2008年6月17日 (火)

読書「犯人に告ぐ 上下」

「犯人に告ぐ 上下」

幼児誘拐(&殺害)犯罪。
劇場型犯罪には劇場型捜査が必要?と警察がとった手段はTVのニュース番組に捜査官が出演して犯人に呼びかけることだった。
主人公である捜査官は、かつて痛い失態を演じ、左遷された男。普通の警察の人間とはちょっと違った風貌、性格。

小説の計算は見えるがおもしろかった。
主人公の足を引っ張る、嫌な年若の上司が乗ってる車がSVXっていうのがちょっといや~ん。
そんな嫌みな車じゃないのよ。じゃあどんな、というなら、小学生の男の子連中が、見かけたら素直に何のてらいもなく「かっけ~」と言うような車。

犯人に告ぐ 上下 双葉文庫
雫井 脩介著
出版 : 双葉社

ISBN : 978-4-575-51155-0
ISBN : 978-4-575-51156-7
発行年月 : 2007.9

内容説明
【大藪春彦賞(第7回)】


題名:ハンニンニツグ 作者:シズクイシュウスケ ジャンル:ミステリー メディア:文庫 

2008-5

|

« 読書「〈本の姫〉は謳う1、2」 | トップページ | 読書「あしながおじさん 続」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

更新いっぱいキター!
パソコンの復調おめでとうございます。
よかったらこれ、次回してください。

投稿: まいね | 2008年6月17日 (火) 22時12分

 読みました。ありがとうございました。わたくしはこの若い上司、なぜか石原良純で想像して読んでてしまいました。ゴメンよ。しかし最後に取ったのが女じゃなくってそっちかよ、というところもヘタレでしたなあ。

投稿: まいね | 2008年7月28日 (月) 03時17分

そうそう、嫌な感じのヘタレなのよね。

投稿: とむ影 | 2008年7月29日 (火) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/41561966

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「犯人に告ぐ 上下」:

« 読書「〈本の姫〉は謳う1、2」 | トップページ | 読書「あしながおじさん 続」 »