« 読書「いのちのパレード」 | トップページ | 読書「犯人に告ぐ 上下」 »

2008年6月17日 (火)

読書「〈本の姫〉は謳う1、2」

「〈本の姫〉は謳う1、2」

おもしろかった。残念なことに「煌夜祭」には及ばないが。

〈本の姫〉は謳う 1 C・NOVELS Fantasia
多崎 礼著
税込価格 : ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 252p
ISBN : 978-4-12-501006-9
発行年月 : 2007.10

内容説明
「滅日」によって大陸中に散らばった、世界を蝕む邪悪な存在−文字(スペル)。少年アンガスは、文字を探し回収するために「本の姫」と旅を続けている。ある日、無法者たちから救い出した少女に、文字の気配を感じた彼は…。


本の姫〉は謳う 2 C・NOVELS Fantasia
多崎 礼著
税込価格 : ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 252p
ISBN : 978-4-12-501024-3
発行年月 : 2008.3

内容説明
病に倒れた母のため、一度は捨てたはずの故郷へ、7年ぶりに「姫」と帰るアンガス。記憶を失い、やがては死に至るという「忘れ病」は、母だけでなく、すでに町全体を蝕んでいた…。




題名:ホンノヒメハウタウ 作者:タザキレイ ジャンル:ファンタジー メディア:新書 

2008-5

|

« 読書「いのちのパレード」 | トップページ | 読書「犯人に告ぐ 上下」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/41561949

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「〈本の姫〉は謳う1、2」:

« 読書「いのちのパレード」 | トップページ | 読書「犯人に告ぐ 上下」 »