« 読書「二十面相の娘うつしよの夜 1」 | トップページ | 読書「BLEACH 34 KING OF THE KILL」 »

2008年7月29日 (火)

読書「異国の花守」

「異国の花守」
こんな素敵な殿方が、現実に生きて動いているものかしら?
存在しないのわかってる。お話の中だけででも夢を見させて。

七五調は難しい。

異国の花守 小学館文庫
波津 彬子著
税込価格 : ¥600 (本体 : ¥571)
出版 : 小学館
サイズ : 16cm / 334p
ISBN : 4-09-191333-4
発行年月 : 2001.10

題名:イコクノハナモリ 作者:ハツアキコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

2008-6

|

« 読書「二十面相の娘うつしよの夜 1」 | トップページ | 読書「BLEACH 34 KING OF THE KILL」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/42004151

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「異国の花守」:

» 「異国の花守」 波津 淋子 [日々の書付]
雨柳堂夢噺の波津 淋子先生が描く古都・金沢を舞台にした美しい物語、 「異国の花守」。 就職難で故郷金沢にもどった雛子は、久しぶりに大叔母のもとを訪ねると、そこには金髪碧眼の男性がいた。 アレックスというその青年は、英国出身で日本文化を勉強するために茶道師範の大叔母のもとへお茶を習いにきているのだという。 アレックスのご先祖は明治時代に技師として日本で働いており、 そのことが縁で日本へ来たが、変わりゆく時代の中で日本の 文化が失われつつあるのに失望を感じてもいる。 そんな彼に次第に心... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 23時28分

« 読書「二十面相の娘うつしよの夜 1」 | トップページ | 読書「BLEACH 34 KING OF THE KILL」 »