« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月25日 (木)

ココログ検索使えなかったのが復活!

なんだか検索が使えなくなっていました……!
あれこれいろいろいじくっていましたが、ブログパーツの一つが悪さをしていたようです。
一安心。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

読書「理由あって冬に出る」

「理由あって冬に出る」

夏に出るもの、と言えば幽霊なのだけれど、これは冬の幽霊。高校のクラブ棟に出る幽霊の謎を解く話。
饒舌な文体がなんとなく懐かしくよかった。


理由あって冬に出る 創元推理文庫
似鳥 鶏著
税込価格: ¥609 (本体 : ¥580)
出版 : 東京創元社
サイズ : 15cm / 252p
ISBN : 978-4-488-47301-3
発行年月 : 2007.10


題名:ワケアッテフユニデル 作者:ニタトリニワトリ ジャンル:ミステリー メディア:文庫 


2008-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「魔使いの弟子」

「魔使いの弟子」

今時のありがちのファンタジー

魔使いの弟子 sogen bookland
ジョゼフ・ディレイニー著
金原 瑞人訳
田中 亜希子訳
税込価格: ¥1,995 (本体 : ¥1,900)
出版 : 東京創元社
サイズ : 20cm / 297p
ISBN : 978-4-488-01952-5
発行年月 : 2007.3

内容説明
トムが弟子入りしたのは魔使い。最初の試験は、さびれた炭鉱町ホーショーにある幽霊屋敷でひと晩過ごすこと。こわがりの少年トムは、無事に魔使いになれるのか? どきどき恐くて面白い「魔使いシリーズ」第1弾。


題名:マツカイノデシ 作者:ディレイニー ジョゼフ ジャンル:ファンタジー メディア:単行本 


2008-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「空の中」

「空の中」

おもしろかった。
高度2万メートル上空で起きた原因不明の航空機衝突事故。
すんでの所でに衝突を回避し帰還したパイロット、事故で死亡したパイロットの遺族。
家族の絆、幼なじみとの恋、仕事の心構え、癒し、許し、思いやり、罪と償い……
いろいろ説明するよりも、おもしろいから読みなさい。

空の中 角川文庫
有川 浩著
税込価格: ¥740 (本体 : ¥705)
出版 : 角川書店
発売 : 角川グループパブリッシング
サイズ : 15cm / 537p
ISBN : 978-4-04-389801-5
発行年月 : 2008.6


題名:ソラノナカ 作者:アリカワヒロ ジャンル:小説 メディア:文庫 


2008-7

| | コメント (3) | トラックバック (0)

読書「光の海」

「光の海」

人魚の話の短編集です。
いい話なんだけれども、この人魚たちは、「私じゃない女」の隠喩なのね。私の持っている人魚のイメージじゃないの。だからちょっと、好きになれない。

フラワーコミックススペシャル
小玉 ユキ
税込価格: ¥420 (本体 : ¥400)
出版 : 小学館
サイズ : /
ISBN : 978-4-09-130840-5
発行年月 : 2007.1


題名:ヒカリノウミ 作者:小玉ユキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


2008-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「くいもの処明楽」

「くいもの処明楽」


登場人物達のスタイリッシュな距離感が、 好きな人にはたまらないんだと思います。野郎達の熱いんだか醒めてんだか微妙な関係とか、顔立ちはちょいとむさいけど行動や内面が大変にかわいらしい白雪姫君(立ち位置的にはそうだと思う)とかも。ただ、せっかくの居酒屋を舞台にした漫画なのに、食べ物や飲み物がおいしそうじゃないのね。

くいもの処明楽 MARBLE COMICS
ヤマシタ トモコ著
税込価格: ¥650 (本体 : ¥619)
出版 : 東京漫画社
サイズ : 19cm / 1冊
ISBN : 978-4-902671-89-6
発行年月 : 2007.4



題名:クイモノドコロアキラ 作者:ヤマシタトモコ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


2008-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「群青学舎 3巻」

「群青学舎3」
いいわね~

群青学舎 3巻 BEAM COMIX
入江 亜季著

税込価格: ¥672 (本体 : ¥640)
出版 : エンターブレイン
サイズ : 19cm / 248p
ISBN : 978-4-7577-4179-9
発行年月 : 2008.5


題名グンジョウガクシャ: 作者:イリエアキ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 


2008-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

今年の変化朝顔

今年の変化朝顔
今年の変化朝顔

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔女の瞳・五色沼

魔女の瞳・五色沼
一切経山に登った人だけが見ることができる沼。頑張って登ったかいがあった。〓http://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B37.44.08.977&lon=%2B140.14.38.932&geo=wgs84

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

読書「XXXHOLIC 13」

「×××HOLiC 13」
小羽ちゃんの話が終わった。

×××HOLiC 13 KCDX
CLAMP著
税込価格: ¥560 (本体 : ¥533)
出版 : 講談社
サイズ : 19cm / 180p
ISBN : 978-4-06-375510-7
発行年月 : 2008.6

題名:ホリック 作者:クランプ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

2008-7

| | コメント (3) | トラックバック (0)

読書「The Book jojo’s bizarre adventure 4th another day」

「The Book
jojo’s bizarre adventure 4th another day」

 JOJO第4部杜王町の事件を、乙一が敵側のキャラクターから書く。
いいんだよ~。そもそも私、仗助ってあんまり好きじゃなかったんだった。だからかなあ、復讐者の彼に肩入れしちゃって、彼が何とか幸せに生きる道は、と探してしまったよ。

The Book
jojo’s bizarre adventure 4th another day
荒木 飛呂彦原作
乙一著
税込価格: ¥1,575 (本体 : ¥1,500)
出版 : 集英社
サイズ : 20cm / 380p
ISBN : 978-4-08-780476-8
発行年月 : 2007.11

内容説明
本の存在により、仗助は死ぬ−。「ジョジョの奇妙な冒険」第4部、杜王町を舞台にした完全オリジナルストーリー。稀代の若手作家・乙一が構想・執筆に5年の歳月をかけた渾身の小説。飛び出すイラスト付き。

題名:ザブック 作者:オツイチ ジャンル:小説 メディア:単行本 

2008-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「囚われちゃったお姫さま」

「囚われちゃったお姫さま」
おもしろかった。思わずクスリとする小技も効いてたし。
でもこのお姫様は、ドラゴンの処に来て、お姫様の仕事(舞踏会などのパーティーに出席する、式典に出る、政略結婚をする、等々)には向いてないので、掃除料理洗濯、図書室宝物倉の整理整頓、を自分のできることとしてしている訳なんですが……それって主婦の仕事とどれだけ違うのかしら?とちょっと思ってしまいました。結婚するのとハウスキーピングの仕事に就職するのは違うっちゃ違うけどさ。

囚われちゃったお姫さま sogen bookland
パトリシア・C.リーデ著
田中 亜希子訳
税込価格: ¥2,100 (本体 : ¥2,000)
出版 : 東京創元社
サイズ : 20cm / 302p
ISBN : 978-4-488-01960-0
発行年月 : 2008.6

内容説明
お姫さまらしくするのなんて、まーっぴら! カエルの忠告にしたがって「城出」したシモリーン姫。転がりこんだ先はドラゴンでいっぱいの洞窟だった! 可愛くて元気なお姫さまファンタジー・シリーズ第1弾。


題名:トラワレチャッタオヒメサマ 作者:リーデ パトリシア・C ジャンル:ファンタジー メディア:単行本 

2008-7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「ハリー・ポッターと死の秘宝 上下」

「ハリー・ポッターと死の秘宝 上下」
箒のフィギュアは捨てちゃったけれど、、鳥かご付きのヘドウィグのぬいぐるみはまだ飾ってあります。思えば、第一作ハリーポッターと賢者の石が出たとき小学生だった息子も高校生。幾晩かかったんだったかしら、添い寝して読み聞かせをしたんだった……
伏線は拾い、死ぬ人も結構たくさんいて(見せ場を作ってもらえた人もあっさり消えていった人も)これだけブームになっちゃうといろいろな声も聞こえてくるけれど、読み通して、おもしろかったですね。
個人的には、白いあの子があっさり消えてしまったのが残念です。かなり最後の方まで、ちょっとだけでも現れてくれるんじゃないかと期待しながら読んでました。

ハリー・ポッターと死の秘宝 上下

J.K.ローリング 作 
出版社:静山社 
税込価格:¥3990
ISBN : 978-4-915512-63-6

<内容紹介>
17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。「不死鳥の騎士団」に護衛されてプリベット通りを飛び立ったハリーに、どこまでもついていくロンとハーマイオニー。一方、ダンブルドアには思いがけない過去が。求めるべきは「分霊箱」か「死の秘宝」か? ダンブルドアの真意はどこに? 最後の分霊箱を求めて、ハリーたちはホグワーツへ。ついに明かされる驚くべきハリーの運命とは? 最後の壮絶な戦いが始まる。シリーズついに完結。


題名:ハリーポッタートシノヒホウ 作者:ローリング JK ジャンル:ファンタジー メディア:単行本 

2008-7


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 1日 (月)

趣味的夏休みの課題その3

趣味的夏休みの課題その3
20日で終わるはずで、夏休みの間に楽々終わるはずだったんだけど。8月31日ぎりぎりでした。上達は?
子どもたちだけに課題やれと言わず、自分にも課してみました。なんとか終わって母の威厳が保たれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

趣味的夏休みの課題その2

趣味的夏休みの課題その2
趣味的夏休みの課題その2
刺繍の手提げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味的夏休みの課題その1

趣味的夏休みの課題その1
刺し子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »