« 読書「犯行現場の作り方」 | トップページ | 読書「乱飛乱外」5 »

2008年10月 2日 (木)

読書「殿といっしょ」2

「殿といっしょ 2 」
よくネタが尽きないものだわ……

殿と一緒2
殿といっしょ 2 MFコミックス
大羽 快
税込価格: ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : メディアファクトリー
サイズ : /
ISBN : 978-4-8401-2237-5
発行年月 : 2008.6

題名:トノトイッショ2 作者:オオバカイ ジャンル:漫画 メディア:コミックス 

2008-8

|

« 読書「犯行現場の作り方」 | トップページ | 読書「乱飛乱外」5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 ああ、うん、そうそう。
 誰もが知る戦国武将じゃないとこのてのパロディは成立しないのに。
 政宗や信玄・謙信は大河にもなったし、まあ掲載誌(時代漫画専門誌?)からいえば常識かもしれないけど、島津から長宗我部となるとややマイナー、ほぼオリジナル設定じゃ、と言いたくなります……。
「ぼんたん」の萌え萌えな絵柄や強烈な大河へのオマージュやギャグシーンの現代風なアレンジは許せるのに、この作品が許せないのはどの辺に違いがあるのか、考え込むわたしです。

 それでもこの作品のおかげでうちの子は戦国時代のテスト100点取って帰ってきました。
 「信長のやったことで『(比叡山)焼き討ち』って書けるのが嬉しかったぁ」ってそれはどうよ?
 

投稿: まいね | 2008年10月 5日 (日) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/42662028

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「殿といっしょ」2:

« 読書「犯行現場の作り方」 | トップページ | 読書「乱飛乱外」5 »