« 読書「夜明けのメイジー」 | トップページ | それは戦略なのかも知れない »

2010年2月23日 (火)

映画「ウェスト・サイド物語」

行ってきました宇都宮まで。

映画館の大画面で観る「ウェスト・サイド物語」、よかったです。

おうちのTVとは迫力が違いますね。

「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」

公式サイトはこちらで http://asa10.eiga.com/


という企画のなかの1本です。

すなみさんからこんな企画があることを教えていただいて、2月の第3週、利府へ「雨に唄えば」を観に行くつもりでした。行く気満々で、家人に前もって根回しをし、朝のうちにキャベツの千切りを作り、お昼休みに家へ戻ってトンカツを作って揚げ、他にも準備万端、おさおさ怠りなく……のはずだったのでしたが。
諸般の都合で行けなくなってしまったのですよ。(/_;)
この悔しさ、切なさを何にぶつけようか?……

話を聞いたときには利府ではもう終わっていたし、劇場によって上映順番が違うのでこれからも上映はされるのですが、遠いところだしな、とあきらめていた「ウェスト・サイド物語」、行っちゃいました。宇都宮まで。
正しく、午前十時開演。
見終わって、餃子を食べて帰ってきました♪

|

« 読書「夜明けのメイジー」 | トップページ | それは戦略なのかも知れない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

やはりあれは大画面で見るものなのですね。「不良がなんであんなにダンスが上手いんだ!」なんてタモリみたいなつっこみもないかな。『シェルブールの雨傘』を名画座で見たとき、テレビではわからない良さがありました。

投稿: アマサイ@科学の星 | 2010年2月23日 (火) 16時17分

大画面が生きる映画はあると思います。
ミュージカルはやっぱりね。
徒党を組んだ不良たちが、ストリートを練り歩き、バスケットボールをして、殴り合いをする、その様子のすべてが、ダンスになっていく……

あれを観ると、不良の動きってすべてがダンスなんじゃん??と思えてきます。

「シェルブールの雨傘」はありませんが、東京近辺でタイミングが合えば、ぜひ、どうぞ♪
料金も、朝のはじめの回なので、多分、1000円です。

投稿: とむ影 | 2010年2月24日 (水) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/47642895

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ウェスト・サイド物語」:

« 読書「夜明けのメイジー」 | トップページ | それは戦略なのかも知れない »