« 読書「牢の中の貴婦人 」 | トップページ | 読書「死者の短剣  惑わし」 »

2010年3月16日 (火)

読書「シュレディンガーの妻は元気か」

「シュレディンガーの妻は元気か」

シュレディンガーの妻は元気か (1) (バンブー・コミックス) (コミック)
中島 沙帆子 (著)

自分も理系なところがあるので、茶化されているところが、「何それ、非理系な作者の方が非常識なんじゃない」と思うところもあって、笑えませんでした。
絵柄であれっと思ったら、「電脳やおい少女」の人だった……

出版社: 竹書房 (2008/8/16)
ISBN-10: 4812468612
ISBN-13: 978-4812468616
発売日: 2008/8/16

題名:シュレディンガーノツマハゲンキカ 作者:ナカジマサホコ ジャンル: メディア: 

2009

|

« 読書「牢の中の貴婦人 」 | トップページ | 読書「死者の短剣  惑わし」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 うなうな。それはありますな。対照をみせるという必然性以上にちかちゃん(奥様)非論理のひとだからして。
 ちかちゃんルックスがいいからあの作品としては許される流れ(そして旦那さま的には心が広いから? 理系男子としてはそこまで熱心になるに値しない些事だから?)だけど、逆に非イケメンの文系男子が同じことをやったら蹴り出されると思うな。
 
 理系奥様からの反論的なエッセイコミックがあればいいのに。とむ影さん、いかがでしょう?

投稿: まいね | 2010年3月18日 (木) 22時57分

うちはダンナも私も基本理系なので、対照者がいなくてつまんないですよ~。絵心もないし。

そう言えば最近「クッキングパパ」で理系のオンナノコ出てきてたじゃないですか?文系男性が描く理系女子としてはけっこう悪くないかも、と思いましたけど……?

投稿: とむ影 | 2010年3月19日 (金) 18時39分

 もうモーニング読んでないのでわかんないです~。クッキングパパはホントに長いですねえ。ちゃんと登場人物年取ってるし。大河作品で登場人物がホントに年取ってる作品って(歴史物以外で)他にあるかしら? 
 まーそりゃドラゴン・ボールも年は取ってるな年は……。

投稿: まいね | 2010年3月20日 (土) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/47827568

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「シュレディンガーの妻は元気か」:

« 読書「牢の中の貴婦人 」 | トップページ | 読書「死者の短剣  惑わし」 »