« ショール | トップページ | 読書「シアター!」 »

2010年4月 2日 (金)

読書「ぼくは猟師になった」

「ぼくは猟師になった」(単行本(ソフトカバー))
千松 信也 (著)

現代日本で、世襲などでなく、猟師になりたくて猟師になる話です。ノンフィクション。非常に実際的で、面白かったですよ。

内容紹介
内容(「BOOK」データベースより)
獲って、さばいて、食べる。狩猟8年目、33歳の猟師の暮らし。京都に住む若者は、いったい何を思い猟師になったのか?自然と共にある生活から、現代の食卓を見つめなおす。獲物の解体や、調理方法、ワナのメカニズムを写真と図で詳細に解説。猟師の1年間の生活に密着できるエッセイ。


ぼくは猟師になった (単行本(ソフトカバー))
千松 信也 (著)
出版社: リトル・モア (2008/9/2)
言語 日本語
ISBN-10: 4898152449
ISBN-13: 978-4898152447
発売日: 2008/9/2

題名:ボクハリョウシニナッタ 作者:チマツシンヤ ジャンル: メディア: 

2009

|

« ショール | トップページ | 読書「シアター!」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/47976580

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「ぼくは猟師になった」:

« ショール | トップページ | 読書「シアター!」 »