« 読書「ボストン夫人のパッチワーク」 | トップページ | 読書「なにがなんでも!きのこが好き」 »

2010年5月24日 (月)

読書「マン島の黄金」

「マン島の黄金」 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) (文庫)2010-4

アガサ クリスティー (著), Agatha Christie (原著), 中村 妙子 (翻訳)



バラエティーに富んだ短編集。私がこれだけ読みのがしていたクリスティーのポアロの短編も入っていました。




マン島の黄金 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) (文庫)2010-4

アガサ クリスティー (著), Agatha Christie (原著), 中村 妙子 (翻訳)


内容(「BOOK」データベースより)

クリスティーの死後、新聞や雑誌等に掲載されたきりで、ファンの間でのみ囁やかれてきた幻の作品群を発掘。表題作であるマン島の観光客誘致のために書かれた宝探し懸賞小説や、謎の失踪事件の直前に書かれた小説、ポアロやクィンの謎解きミステリ、心理サスペンス、ホラー、ロマンスなど、バラエティに富んだ拾遺集。


出版社: 早川書房 (2004/10)

ISBN-10: 4151300643

ISBN-13: 978-4151300646

発売日: 2004/10


題名:マントウノオウゴン 作者:クリスティー ジャンル: メディア: 


2010-4


|

« 読書「ボストン夫人のパッチワーク」 | トップページ | 読書「なにがなんでも!きのこが好き」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/48447242

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「マン島の黄金」:

« 読書「ボストン夫人のパッチワーク」 | トップページ | 読書「なにがなんでも!きのこが好き」 »