« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年4月

2011年4月22日 (金)

花見山

花見山
花盛り。元気が出ました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

お花見

無心にはばたくツグミたちを見て、わざわざこんな地へ…申し訳ない。と思ったりしましたが、とりぱんを読んで、所詮はそれも人の思惑なんだと気づきました。
桜もそうですね。ライトアップはしなくても、出店はなくても、花は咲いていますから、お花見にはもちろん行くつもり。
例年混んでてなかなか行けないところが狙い目かしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガイガーカウンター

最近何万円かだすと手に入るようになりましたね。高校生の娘のクラスで、先生が、クラス費で買おうか、て言ったそうです。しかしクラスの総意として、「どうせ高くてもどうにもならないんだから、ガイガーカウンター買うお金とっておいて、クラスの打ち上げに使いたい」となったそうです。うーむ、諦観してるんだか刹那的なんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

余震!

ひどかった。でもとりあえず大丈夫。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

震災から3週間たちました

震災から3週間がたち、福島の町にも日常が戻ってきつつあります。
たとえば、コンビニでモーニングを買うことができました。18号です。先週先々週と入荷がなかったので、16号と17号が買えませんでした。15.16号が無料配信しているようですので、17号は有料配信で読むようにします。
食べ物もそこそこ潤沢に出回るようになり、スーパーも入店制限なく買い物ができるようになってきました。まだ閉店してしまうのが早いので、仕事帰りの利用は難しいです。
コープの宅配も始まります。昨日薄いチラシが配布されて来週回収、再来週宅配の予定のようです。
ガソリンも、私自身は21日は6時間以上並んでやっとの思いで3000円分いれましたが、最近はそれほど並ばなくても良くなってきたとのこと。
でもなるべくは自転車で通勤しています。毎朝お天気情報で風向きを見て、南風や東風の時は車にしていますけど。
地震の後、家の中をある程度は片づけたもののそのまま放りっぱなしになっているのは、原発騒動の先の見えなさとそれからくる欝によるものでしょうか。
日常は戻ってきつつはあるものの、底の怯えは消えません。だから、立ちすくんでいるのではなく、自粛しているのではなく、聞耳を立てながら身を潜めているのだと思います。あるいは浮足立って怯えている?
原発の情報をTVで見て、鬱々とした気持ちになるものいやだけど、情報から遮断されるのも怖い。情報が開示されても信用できるのか思い惑い、開示されなければ隠されているのではないかと心配してしまう。
津波ですべてを失った人からみれば、持てる者の心配だねと言われてしまうでょうけど、期限の見えない予期不安も心をくじくものです。

そんな中で、今日見たミュージックステーションの特番は良かったです。元気の出る歌120とかと題しての歌番組。歌はいいね。ほんと。
ちなみに第1位は「負けないで」でした。
自分にとっての元気づけてくれた歌ってなんだろうと思いましたが、「first snow」陣内大蔵か、「morning glowry」山下達郎かなあ。

なかなか本を読む気にもなれないでいましたが、「眺めの良いヘマ」「沈夫人の料理店」「まどろみのセフィロト」読みました。前2者は良い意味で現実を忘れて別世界に遊ばせてくれましたし、セフィロトはおもしろくて、未来に、明るい希望を感じさせてくれました。

身辺雑記は書くとすると暗い話ばかりになるので書きたくなくなっていましたが、ちょっとずつでも書くとはけ口になるかもしれませんね。

cheer up!
最近、Bilboの言葉で自分を勇気づけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »