« 2012読書総括 | トップページ | 体調不良 »

2013年1月31日 (木)

映画「ホビットの冒険」1

はじめに字幕で、次に吹き替えで見ました。
見た人から、トーリン・オーケンシールドがドワーフの若き王子でかっこよくて、と聞いたときに、はてなマークが頭の中を飛び交いました。だって私のトーリンのイメージって、長いひげの尊大な、寺島竜一の挿絵のだったのです。映画見たら‥‥すまん、これはアリだったわ。

でもこれは、歌さえ除けば、吹き替えの方が、「ホビットの冒険」の児童読み物としての良さが出ててよかったかもしれません。歌は‥‥ちょっと‥

さてその後指輪物語読みたくなって読み返して。映画も見たくなって見返しています。いつ見てもボロミアはいい。

|

« 2012読書総括 | トップページ | 体調不良 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137959/56668320

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ホビットの冒険」1:

« 2012読書総括 | トップページ | 体調不良 »