« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月21日 (木)

読書「人間仮免中」


「人間仮免中」
すごかったです。感想をあれこれ語ってもうすっぺらにしかなりません。
読んでなかったら読め!読んで感じろ!ただ、劇薬なので取扱注意、です。
内容(「BOOK」データベースより)
壮絶な過去と統合失調症を抱えた著者が、36歳にして出会った25歳年上のボビー。苛烈で型破りで、そして誰より強靱なふたりの愛を描いた感動のコミックエッセイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

読書「ミル」5 読書「僕らの漫画」


「ミル」5
大学生男子が一緒に暮らしているのは、女子高生でおばあちゃんで猫であるというふんわかした存在。
ペット?家族(祖母?妹?)?恋人?
きわものになりそうな題材なのにならないのは作者の力量なんだとわかってきた。それは「僕らの漫画」を読んだから。


「僕らの漫画」
漫画家27名による震災復興支援コミック
私は電子書籍で読みました。(ここに書影をあげたのはコミックです)

東日本大震災の直後、志を同じくした数名の漫画家と編集者が互いにアイディアを出し合い、「復興支援を目的とした、読切作品集を無償で作ろう」と『僕らの漫画』の企画をまとめました。
という経緯によってできた漫画です。

いろんな人が書いてます。
作者のスキルも、私の好みに合う合わないというのもありますし、震災やその復興支援に対するスタンスの違いもあるでしょう。玉石混淆ですね。それで当然と思いますし、だからこの漫画の価値がさがるわけではありません。
さてこの中の、「You'll Never Walk Alone」、これはすごく良かった。で、あ、これ「ミル」の作者さんだ!と、何回か読み直しているうちに気づきました。「ミル」は読んでいても、作者の名前は覚えていなかったの……
この一作だけでも、買って読んで良かったと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「少年魔法士」16


読書「少年魔法士」16

あっさりと殺されていく魔法使い達。
幼いレヴィの扱いがどうなっていくのかよくわからないが、なるしまさんなら物語をきちんと終わらせてくれることを信じている……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

読書「放課後のトラットリア」1

読書「放課後のトラットリア」1

内容紹介
「まおゆう魔王勇者」の橙乃ままれが、新鋭・水口鷹志とのタッグで描く、新たな物語。
夏の合宿の最中、突如ファンタジーな異世界へと転移してしまった女子高生四人組@料理研究部員。
いざ始まる大冒険! ――と思いきや、待っていたのは異世界観光ときどき料理のまったり生活。
ところが四人の持っている「料理」の技術が、異世界の人々に思わぬ影響を及ぼして……?

--------------------------------------------------------------------------------
すごく面白かったです。
料理や、異世界の文物・世界の扱いが緻密でまっとうで。
私はこういう異世界ものが読みたかったんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書「閉経記」


一世を風靡した「良いおっぱい悪いおっぱい」。(伊藤比呂美著)は自分が子供を産んだころに友達から勧められて読んだのでした。それぞれの年代にバイブルとなるような育児書(育児エッセイ)があるものです。伊藤比呂美さんは私より少し年上なので、本になった時、ちょうど私自身の出産・育児とかぶっていました。実際の自分の歳だと「赤ちゃんが来た」の方が年が近くって、私の母なんかは新聞連載中に引き比べて読んでいたようですが、私には伊藤比呂美さんの方が響く感じでした。ちょっと違うな、のところもありましたけれど、のめり込んで読みました。
その後彼女が離婚し、外国人の男性と子供をもうけ、アメリカに住み、あれこれしていたのは知ってはいましたが、特にエッセイを読もうという気持ちにもなれず……で、10数年ぶりに手に取ったエッセイ、「閉経記」。初めの1つ2つこそ入り込めなかったものの、読むほどに引き込まれて。
更年期を生きる。ズンバを踊る。父を看取る。
彼女は母であるが故に娘であるが故に女であるが故に、自分がそうであることや、それを押しつけるすべてのものに対して戦ってきたわけです。彼女に比べて全然劇的じゃない人生を送ってきた私にも、そういう気持ちはあります。
だから、なんでしょう、こういったらおかしいかもしれないけれど、迷惑かもしれないけれど、一面識もないんだけれど、多分、ずっと、伊藤比呂美さんのことを、同志・戦友・先輩!とひそかに思っていましたよ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

納谷悟朗さん死去

リンク: 納谷悟朗さん死去 「ルパン三世」銭形警部の声担当 - 速報:@niftyニュース.

絶賛断捨離決行中の我が家ですが、LD捨てきれず、どうせ捨てないでいるのなら、と、つい先週、AVシステムにLDプレーヤーを組み込みました。地デジ化したときに、もう見ないかも、と組み込まなかったんですが。それで最近見ていたのがルパン三世(first)でした。よぉとっつぁん!ルパァ~ン!の掛け合いが。
何もかも皆懐かしい‥瞑目。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

よりによってブーだ…

よりによってブーだ…
悟空の幟にひかれてつい買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

読書「萌の死角」3

おひっこしが!佐川男子とのプレイ(?)が!古典における萌え、などなど
大変楽しいエッセイでございました。
私も思っていたのですが、BLを(時折ですが。時折ですよ)Amazonで買うとお勧めが羞恥プレイになっちゃうのは勘弁して欲しいですぅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルンバがうちにやってきた♪

ついに!ルンバがうちにやってきました♪
以前から、どうなのかな~ほしいな~と思っていたのですが、実際に使っている人に話を聞いたことがなくて、ホントにいいのかどうか心配で、今までためらっていたのですが。
同僚、義理の妹が使いはじめて、いいよ!と言われたので。
良かったです。夜放してやると(運転スイッチを入れると)朝にはたいていはおうちに帰っている(充電器にもどっている、が、たまに力尽きてその辺で動かなくなっている)。
ただ、神様仏様ルンバ様が仕事が出来るように、部屋を片付けなくてはいけません。土日まるまるかけて、大掃除(大整理整頓)をしました。
美しい生活って素敵!
ところで、ルンバ様が働いてくれるように、いつも整理整頓しておかなかればいけません。
他の方も言っていましたが、それが、「ルンバを使うと部屋がきれいになる」一番の理由かもしれません……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »