カテゴリー「グルメ・クッキング」の8件の記事

2006年2月16日 (木)

チョコレートマフィン 友チョコ?

2/13、息子とダンナのために、チョコレートマフィンでも作ろうかなあ、と思ってました。なんで、ラッピングはいいや~と、準備せず、マフィン型もアルミホイルで作っちゃえばいいや~と買わないでいたんですが。娘(小6)が、お友達(女の子同士♪)とチョコレートの交換するから、一緒におかしつくろ、と、13日の6時過ぎてから言うの……それから100円ショップに行きました。
夕ご飯作りとチョコマフィン作りと同時進行で。

マフィンミックスが切れてたので、ホットケーキミックスで。

ホットケーキミックス200g×2
牛乳200
チョコレート(明治の板チョコ)2枚
バター100g
卵3個
ココアパウダー大さじ2
はちみつおおさじ2

これでおおきいマフィンカップ14個分。
な~に、一緒に、なんて言いながら、娘がやったのはチョコレートを粗く刻んだだけ……
でもおいしくできたからよかった♪
焼きたての熱々もチョコフォンダンみたいで良かったし、冷めても悪くなかったです。

卵は4個でも良かったかも。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月17日 (火)

松前漬けと数の子

今年のお正月は、31日仕事だ~というのを言い訳に?おせち作らないでしまいました。
おせちは作らなかったのですが、24日頃に、松前漬けと数の子は仕込んでおいたのです。一週間ぐらいたてば大丈夫だよね、と、お正月に食べて、まあそこそこおいしかったのですが、松前漬けはちょっとしょうゆの味がきつすぎたんです。で冷蔵庫にしばらく寝かしてみて、昨日食べたら、おいしくなってる!しょうゆも、あまり気にならない。難を言えば、粘りがちょっと少なかったので、次回からはもっと粘りのある昆布を使った方がいいのかも知れない。(今回は、一昨年松島で夏休みに漁業体験で採った昆布を使用)
そうか~、3週間かかるのか~。腐ると嫌だと思って、1週間たってからは冷蔵庫に入れておいたのですが、今年みたいに寒い年なら、ずっと室内でもよかったかも。うちは特に寒いし。

で、数の子。塩抜きして豆(枝豆系の豆)と合わせるのがこのあたりの定番ですが、今回は塩抜きした後に、昆布・鰹節・しょうゆ・みりんにつけてみました。素人さんがつくった数の子としては上等な部類に仕上がったのですが、以前お寿司屋さんでごちそうになったしょうゆ漬けとは違うのよ。後一歩なんだけど、その一歩が大きいんだろうなあ……。数の子自体の質をあげるのは、それは、お寿司屋さんが買うような数の子買えるわけないからおいといて、できることは、もっとでんがり鰹節入れてみることでしょうか。

数の子は来年のお正月にトライするとして、松前漬けは近日中にまたがんばってみよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

nabarraのワイン

nabarraのワインを飲みました。
かの、修道士ファルコの出身であるところの……ナバーラ王国?国籍はスペインになっていました。ラベルに地図がついていて、スペインとフランスの国境近く……美味しかったです。

修道士ファルコ

修道士ファルコ (白泉社文庫)
青池 保子著

税込価格 : \770 (本体 : \733)
出版 : 白泉社
サイズ : 文庫 / 465p
ISBN : 4-592-88627-5
発行年月 : 2005.11

「修道士ファルコ」1
「修道士ファルコ」2
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

ワインと経験

先日美味しい赤ワインを飲みました。うたい文句によれば、濃厚な果実香、特にイチゴ、とのこと。飲んだとき、あれ、この香り知ってるよ?でもイチゴ……?それは生のイチゴの香りじゃなくて、イチゴジャムの香りじゃなくて、イチゴの香料の香りじゃなくて、自家製のイチゴシロップの香り。昔イチゴの出盛り期には、イチゴジャム作ったりイチゴ酒作ったり、子供向けにホワイトリカー入れずにシロップ作ったりしていました。そのイチゴシロップの香り。
ワインの蘊蓄に、香りの表現として、イチゴの香りとかいうのがあるけれど、なんでブドウなのにイチゴ?と思ってました。ふうん、こういうのなのね。それも、生のイチゴじゃなくて、自家製のイチゴシロップの香り。これは何に近いかといったら生のイチゴの香りに近いんだけど、でも、そのものじゃあない……。知ってる人には、イチゴシロップの香りだよ、と言えば一発なんだけど、知らない人にはイチゴの香りに近いかな、という言い方しかできない。そういう、実際に経験しないとわからないことは(残念ながら)ありますね。

そういえば、白ワインの香りを、火打ち石の香りとするのが、本当に香りがするんだ、と、少年魔法師の中で言われてましたが、まだ確認していないの。フリントがなかなか手に入らなくて。

ヌーボー解禁日に合わせて書き込みしようと表いたら、うっかり書き込みしそびれてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

お赤飯

娘の女の子のお祝いのため、お赤飯を炊きました。いや~、お赤飯作るの、初めてかも。母がお赤飯作ったりおこわ作ったりするのは見てはいたけれど、それって蒸し器で本格的に大量に!作る奴で、個人宅でにはちょっと応用が難しいものでさ……
さて、小豆ってどういう風に煮るんだっけ?(←実はあずきも煮たことがない)まずはスーパーに餅米と小豆を買いに行くと、ちゃんと煮てレトルトパックされている小豆、というのを売っているのでした。じゃあ、小豆を煮るのはまた今度にすることにして、今回はレトルトのものを使用、炊飯器での炊きおこわにすることに。炊飯器での炊きおこわなら、何回も作っているけれど、今の炊飯釜で作るのは初めてだわ……餅米を半日給水させていたら、餅米だけでほとんどおこわの水位線まできてしまいました。レトルトとは言っても単に小豆を似たものをレトルトパックにしたものなので、普通に美味しいお赤飯ができました。ちゃんと小豆の香りもするの。ごま塩は、ちゃんと黒ごまを煎って塩と混ぜて。
  昔祖父母の家でごま塩っていうと、小鉢に黒ごまと塩が混ぜて入っているものだったです。でも比重の関係か均一には混ざっていないので、使うときに、添えてあるスプーンでよく混ぜて使うのね。使いにくいっちゃ使いにくいんだけど、ふりかけにあるごま塩は、均一に混ざるようにするために塩を加工してあるでしょう、だから味としてはその時その時に混ぜる方式の方がおいしかったな。……で、今回そのようにして作ったら、(別にその方がおいしかったから作った訳じゃなくて、普段ごま塩使わないので、今回いる分だけ作ったらいいや、と思って作ったのだけど)塩とごまがあまり分離しないの。精製塩じゃないからなのかしら、ごまが熱いうちに塩を混ぜたせいなのかしら?塩が、ちょうどいいぐらいの固まりになって。そうすると、ごま塩が分離するようになったのは、精製塩が普及するようになってから……?なんてことまで考えてしまいました。
他のメニューは、娘のリクエストにより
鶏の唐揚げニンニク風味、片栗粉 キャベツの千切り
鶏ささみの梅じそフライ
さらに、和風の献立を死守すべく、
雪花菜いり(きりたんぽの残り、ニンジン、ささぎ、あぶらげ、しいたけ最後に卵)
ぎんなんがんもと小松菜の煮物
みそ汁
当然日本酒。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

マフィン

昨日、雨に濡れたブルーベリーの、「早く摘んで~早く摘まないと地面に落ちちゃうよ~」という声に、庭のブルーベリーを摘みました。ブルーベリーは丈夫なので、日当たりが悪く湿気が多いという悪条件にも負けず、ほったらかしにしても、そこそこの収穫が見込めます。さすがに生食できるほど甘くはならないので、ジャムにしたり干しブルーベリーにしたり。今日は、マフィンにいれてみました♪
マフィンは、マフィンミックス粉を使い、ブルーベリー入りのと、先だって作った文旦のピール(文旦酒から引き上げた果実の皮で作りました 文旦 )入りのと。朝ご飯です。どっちもおいしかった。
使ったのはクックハウスのマフィンミックス粉

追記:クックハウスではなくパイオニア製でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

文旦

文旦
ダンナが文旦にはまり、去年通販で箱買いをしました。何回買ったかな?私も好きですが、さすがに最後のころは食べきれずに、傷ませてしまいました。
腐ったり黴が生えたりじゃなくて、中身がかすかすになったりしたのね。で、ホワイトリカーを買って文旦酒にしたり、皮でマーマレードを作ろうと試みたり、しました。
マーマレードは、マーマレードとしては失敗。とろとろにならなくて。オレンジピールならぬブンタンピールができてしまいました。ピールとしては成功で、ケーキに焼き入れたら、ほろ苦い大人の味で好評。
文旦酒はそろそろ仕込んで半年になるから、果実引き上げて瓶詰めしないといけません。引き上げた皮でまた作ってみようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

つぶまるくん

今年はずいぶん麦茶を飲みました。
多分、夏の初めに買ったつぶまるくん麦茶が美味しかったから。ところが、なくなってから買おうとしたら、売ってないのさ。どこで買ったかなんて忘れてるけど、麦茶なんて、そんな普段買わないようなところで買ったりはしないと思うのに……しょうがないのでco-opの煮出し用の麦茶を買って水出しにして飲んでましたが、ちょっと味が落ちるのよね。そんなことを思っていたら、少し前の週刊アスキー(のカオスだもんね)に、つぶまるくん麦茶の工場探訪記が。そうだよ~おいしかったんだよ~。
しばらくぶりに買おうとして、どこで買ったかわかんなくて、で、みつからない、というのはもう一つあって、洗いごま。いりごまじゃなくて洗いごま。白と黒のうち、黒ごまはまだ残ってるんだけど、白ごまは使い切っちゃって……この間しょうがなくておいなりさんに黒ごま入れたら不評で、そう、作った私もやっぱりなんだかな~と。味だけじゃなく、見た目もね。米&雑穀&種を扱っている店があったな~と思い出して行ってみたんだけど、扱っている人がいなくなったので、扱わなくなったんですよ~と言われました。扱っている人がいなくなったって、なに?どういうこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)